研究大会・例会

2019年度春の例会で予定されていた報告の取り扱いについて

2020年3月28日(土)に予定されていた2019年度春の研究例会は新型コロナウィルス感染症予防のため延期となりました。予定されていた報告については下記のとおり取り扱います。

1.特別企画「ジェンダー研究とEMCA」について
企画は次回大会において実施することを基本線として、調整を進めることになりました。
2.「自由報告」について
報告予定だった方のうち、希望者について、本サイトでの発表予定資料の掲載をもって本例会での報告がなされたものとして取り扱うことにいたしました。以下が該当者の報告要旨と発表資料です。
鈴木南音氏(千葉大学)「描くことの会話分析」[→要旨と報告資料

その他の報告予定者だった方々については、次回開催のEMCA研究での報告を希望される場合には、あらためて報告の申し込みをしていただければ優先的に報告機会を与えることといたします。

(大会担当世話人:池谷のぞみ・松永伸太朗)


以下は、春の研究例会と秋の研究会大会についての、これまでの記録です。(なお掲載文言は、開催当時の告知文をもとにしています。)