■EMCA研ホーム > 研究会の活動 > 活動の記録

エスノメソドロジー・会話分析研究会:2016年度の活動


2016年度 秋の研究大会



→短信:報告と写真を掲載しました [2016/12/21]

EMCA研究会2016年度研究大会のプログラムをお送りいたします。多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

(大会担当世話人:黒嶋智美・森一平)


  • 日時: 日時:2016年10月23日(日)10:00-17:00
  • 場所: 成城大学3号館1階 311教室・312教室  [地図]
  • 大会参加費: 無料(会員・非会員とも)

プログラム

10:00 受付開始
10:30-12:00 第一部:自由報告
セッション1 (司会 森一平(帝京大学)) 311教室
10:30-11:00 小室允人(千葉大学大学院)
「対話システムらしさ」とは何か?:WOZ法におけるシステム役の相互行為実践[→概要
11:00-11:30 浦野茂(三重県立看護大学)
社会生活技能訓練におけるロールプレイについて:その実践的特徴[→概要
11:30-12:00 大石真澄(総合研究大学院大学)
テレビCMで「おいしさ」を示すことの作用について [→概要
セッション2 (司会 黒嶋智美(日本学術振興会・千葉大学)) 312教室
10:30-11:00 フルルバト(専修大学大学院)
協力的質問[→概要
11:00-11:30 荒野侑甫(千葉大学大学院)
異文化間相互行為における第二言語の訂正活動:他者訂正のあとの繰り返し[→概要
11:30-12:00 山本真理(早稲田大学)・張承姫(関西学院大学)
一人称代名詞「私」を用いた聞き返し [→概要
12:00-13:30 昼食
13:30-14:00 総会 311教室
14:00-17:00 第二部:書評セッション
酒井泰斗、浦野茂、前田泰樹、中村和生、小宮友根(編)2016、『概念分析の社会学2』(ナカニシヤ出版) 311教室
14:00-14:05 主旨説明:司会 黒嶋智美(千葉大学)
14:05-14:45 書評1(40分):評者 池谷のぞみ(慶応義塾大学)
14:45-15:25 書評2(40分):評者 平本毅(京都大学)
15:25-15:40 休憩(15分)
15:40-16:30 編者・著者リプライ(50分)
16:30-17:00 全体討論(30分)
17:00 閉会

↑プログラムへ

自由報告発表概要

「対話システムらしさ」とは何か?:WOZ法におけるシステム役の相互行為実践
小室允人(千葉大学大学院)
本報告ではWOZ法を用いた対話システムとの会話場面を取り上げ、「対話システムらしさ」を支えるやり方について検討する。WOZ法とは、システム側の発話をコンピュータが生成するのではなく、実際はシステムのふりをした人間が発話を生成することで、あたかもシステム自体が全自動で会話をしているように見せかけるシュミレーション手法である。システムと対話する被験者には、その背後でwizard(人間)が操作しているということが隠されており、wizardはできるだけシステムが全自動で動いているということを被験者に信じ込ませる為に、いかにもシステムが言いそうな発話をあえて産出したりする。このような「対話システムらしさ」は、被験者らによってしばしば不適切な発話として理解されているが、単に不適切であるだけではなく、いかにも対話システムがやりかねない特有の不適切さとして、特定の手続きに則って成し遂げられていると考えられる。発表では、wizardが被験者との相互行為の中で実践している、システムらしく振る舞うためのやり方を明らかにすると共に、WOZ法を用いたシュミレーション実験とは、一体どのような活動として達成されているのかについても考察したい。

↑プログラムへ

浦野茂(三重県立看護大学)
この報告は、自閉症児を対象とした社会生活技能訓練について、とくにロールプレイによる練習場面を対象とし、この場面を構成している実践上の諸前提を明らかにする。社会生活技能訓練とは、精神障害者をおもな対象とし、社会生活の模擬的場面において生活技能の回復と改善を促す治療法である。ここで重視されているのは、訓練の対象者が各自の生活ニーズに沿った社会的技能を、それに即したロールプレイを通じて習得することである。このため各セッションの実施においては、実際のロールプレイを行うなかで利用者の障害特性を特定し、改善のためのフィードバックを与えることが求められている。このことを踏まえてこの報告では、ロールプレイを構成する各局面、すなわち参加者のニーズの特定と場面設定、実演の各局面を検討する。これにより、社会生活技能訓練のもつ諸特徴、すなわち訓練における評価対象となる振る舞いの水準と訓練のレリヴァンスの可視化方法、そして訓練の眼目を、実践の組み立てられ方のなかに特定することになる。

↑プログラムへ

テレビCMで「おいしさ」を示すことの作用について
大石真澄(総合研究大学院大学)
テレビCMが「モノを売る」ために行われる広告の一形式である、という定義を一旦とるとすれば、そこで対象となる食品や近辺の商品について、その「おいしさ」を示すことは、味を伝え、売り上げにつなげるための活動であると考えることができる。しかし、このことには問題が含まれているように見える。多くの相互行為研究が明らかにしてきたように、「おいしい」ことの提示は、その場の中で実際に味を伝える以外の機能をさまざまに持っているからだ。これを踏まえると、テレビCMにも「味を伝える」以上に別のことに「おいしさ」が機能している可能性がある。  この点に着目して、「おいしさ」への言及やその提示が、テレビCMの中でどのような機能を持っているかという点についての分析を行った。分析の結果、テレビCMにおいては「おいしい」という発話そのものは味の伝達に関してほぼ意味を持たず、かわりに実際の味の想起は、何らかのオブジェクトの提示によって行われていた。ここからは、わたしたちがすでに手元に持っている情報を適切に引き出すための検索のような能力をテレビCMが有していることが見えてくる。

↑プログラムへ

協力的質問
フルルバト(専修大学大学院)
本研究では英語の日常会話における相互行為とイントネーション(主に音調パターン)の役割を考察する。会話分析(CA)の方法論を用いて、語りの受け手が語り手の先行発話から復元できる情報を提示する平板調による「追加疑問文」(appendor question)を用いることで、その情報を明らかにすることを求めると同時に、その情報に関する語りの詳細に関心を持つことを示す。追加疑問文が一定の沈黙の後に提示されることは語り手に語りを継続するための時間を与えていることを示している。語り手が語りを継続して、その中で受け手の理解が解決されれば、受け手が理解候補を提示する必要がなくなるからである。追加疑問文が提示された後、語り手がその情報に関して詳細に語ることから見ると、語り手と受け手が語りの進行性に志向し、語りを協同的に進行させていることが観察できる。したがって、受け手が語りに関する理解の問題を提示するために用いた追加疑問文が受け手として語りの進行性に貢献するための協力的質問として働いていることと、そこに、追加疑問文に一般的に用いられる上昇調、あるいは、下降調ではなく、平板調が用いられることが大きく関わっていることが明らかになる。

↑プログラムへ

異文化間相互行為における第二言語の訂正活動:他者訂正のあとの繰り返し
荒野侑甫(千葉大学大学院)
 異文化間相互行為において「言語規則に正しく従うこと」に会話の参加者はいかに志向するのだろうか。この疑問に対して、第二言語の言語規則が焦点となっている訂正連鎖を観察し、そのプラクティス(やり方)を記述することで応えたい。
 本発表では、会話分析の手法を用い、日常的な異文化間相互行為における訂正連鎖にて行われる「他者訂正のあとの繰り返し」という現象について報告する。この現象は、次のように展開される。まず第二言語として日本語や英語を話す参加者(第二言語話者)が、第二言語のある表現候補を産出する。次いで、その発言の受け手が正しい発音や形式でその表現を繰り返し、訂正を行う。そして第三の順番で、最初の話者が訂正された表現をさらに繰り返す。
 本発表は、まず会話の参加者は、言語規則に正しく従うための基準をどのように提示するのか、そしてその言語に習熟した受け手はいかに提示された基準に従おうとするのかについて議論を展開する。第二に、「他者訂正のあとの繰り返し」というプラクティスによって、相互行為において何が達成されているのかについての分析を報告する。 最後に、これらのやりとりによって、いかなる活動が参加者たちによって経験されるのかについて検討をしたい。

↑プログラムへ

一人称代名詞「私」を用いた聞き返し
山本真理(早稲田大学)・張承姫(関西学院大学)
本発表では一人の参与者(話者 A)が質問を行うときに、次の応答すべき受け手(話者 B)が「私 ですか?」のような一人称代名詞を用いた形で聞き返す現象を対象とする。本研究では1)受け手 はなぜ質問の次の位置で応答をすぐに産出せずに一人称代名詞による聞き返しを行うのか、(2) それによってどのような行為がなされているのかを会話分析の立場から明らかにする。分析の結果、 いくつかの特徴がデータに観察された。まず、本稿で用いる事例は基本的には二人の会話場面であ るため、話者 B は一人称代名詞を用いて聞き返さなくとも、話者 A の質問が話者 B 自身に向けら れた発話であることが明白である。また、話者 B は「私ですか」に対する承認を待たずに応答を開 始する事例が複数あり、話者 B は必ずしも直前になされた質問の聞き取りや理解の問題には志向し ていないことがうかがえる。更に、話者 B が開始する応答は「即答できなかった」何らかの理由説 明を含んだものになっている。例えば、話者 A によって職業を問う質問がなされた場合、一般的に は「医者です」「教員です」のように一言で答えることが期待される。しかし、実際には一言では 説明しにくい職業であることが語られ、それ自体がなぜ即答できなかったのかの理由にもなってい る。以上から、本発表では次のことを主張する。話者 B は一人称代名詞による聞き返しを行うこと で、あえて「私」をハイライトした形で応答を遅らせ、応答に何らかの躊躇があることを示す。そ れにより、これから開始される私自身に関わる事柄の開示が、話者 A の質問に対する応答として一 般的に期待されるものとは何らかの形で異なっていることを事前に示す役割を果たしている。

↑プログラムへ

お問い合わせ

  • この案内に関する問い合わせ先: 前田泰樹akiya0427[atmark]gmail.com
  • 入会手続き等,EMCA研に関する問い合わせ先: エスノメソドロジー・会話分析研究会 事務局 (EMCA研事務局)

↑ページ先頭へ

2016年度 春の研究例会



EMCA研究会2016年度春の研究例会のプログラムをお送りいたします。 今回は Harvey Sacks の Lectures on Conversation 発刊25周年特別企画もございますので、お誘い合わせの上、奮ってご参加いただければ幸いです。

(大会担当世話人:黒嶋智美・森一平)
(最終更新: 2017年03月08日)

  • 日時: 2017年3月26日(日)9:00-17:00
  • 場所: 成城大学3号館1階 311教室 [地図
  • 大会参加費: 無料(会員・非会員とも)
  • 事前参加申込: 不要

プログラム

09:00 受付開始
09:30-12:00 第1部 自由報告 (司会 森一平(帝京大学))
09:30-10:00 坂井愛理(東京大学大学院)
「訪問マッサージにおけるアカウントの実践――「情報の釣り出し装置」ならびに「訂正誘引装置」の使用に注目して」 [→要旨
10:00-10:30 團 康晃(公益財団法人たばこ総合研究センター)
「会話の組織と嗜好品摂取の関係についての研究」 [→要旨
10:30-11:00 畑和樹(Newcastle University)
「一般会話における終助詞butとtrailoffの会話構造」 [→要旨
11:00-11:30 岡田光弘(国際基督教大学)
「観察社会学にとって、「概念分析」とはいかなるものなのか?――P.Winchを正確に「誤読する」試み?」 [→要旨
11:30-12:00 中川敦(宇都宮大学)
「遠距離介護のコミュニケーションにおける高齢者の本人参加――高齢者への次話者選択時の離れて暮らす子供の自己選択順番取得」 [→要旨
12:00-13:30 昼食
13:30-17:00 第二部:実践のなかの経験と知識――研究動向と展望
(Harvey Sacks, Lectures on Conversation 発刊25周年特別企画シンポジウム)
13:30-13:45 主旨説明 司会 黒嶋智美(日本学術振興会・千葉大学)・森一平(帝京大学)(15分)
13:45-14:15 報告1(30分):早野薫(日本女子大学)
14:15-14:45 報告2(30分):西阪仰(千葉大学)
14:45-15:15 報告3(30分):前田泰樹(東海大学)
15:15-15:45 報告4(30分):中村和生(青森大学)
15:45-16:00 休憩(15分)
16:00-16:30 パネルディスカッション(30分)
16:30-17:00 全体討論(30分)
17:00 閉会

自由報告概要

1.訪問マッサージにおけるアカウントの実践:「情報の釣り出し装置」ならびに「訂正誘引装置」の使用に注目して
坂井愛理(東京大学大学院)
 本報告では,訪問マッサージサービスのビデオデータを資料に,患者の身体にアカウントが与えられるやり方について検討する.
 訪問マッサージとは,脳梗塞後の麻痺等を持ち自宅や施設で療養中の者に対して継続的に行われる,運動機能維持・苦痛緩和サービスである.
 本報告が注目するのは,20分の全身マッサージを行う中で,施術者が身体の「いつもとは違う」様子を,患者のうえに発見し,その発生理由について患者に説明機会を与える,というやりとりである.このとき施術者は,(1) 情報の釣り出し装置(Pomerantz 1980)を用いて,患者にアカウントの機会を与えることが出来る.あるいは,(2)理由の候補を挙げながら尋ねることによって(Sacks 1992, Pomerantz 1988),患者にアカウントを求めることができる.患者はこれらの機会を利用して,身体のいつもとは違う様子にアカウントを与え,身体を「正常化(normalize, Jefferson 2004)」することができる.本報告では具体的な会話断片を示しながら,(1)や(2)の装置がどのように使用されているのかについて検討する.
2.会話の組織と嗜好品摂取の関係についての研究
團康晃(公益財団法人たばこ総合研究センター)
 日常的なおしゃべりや仕事の会議など、様々な活動場面において会話が進行する中で嗜好品が摂取されるということがある。そこには嗜好品を端的にノドが渇いたから飲む、おなかが空いたから食べる、といった生理的な側面だけではなく、嗜好品摂取による進行している活動への影響関係という社会的な側面もあると考えられる。これまでも会話分析の研究の蓄積において、そこで扱われているデータの中には嗜好品の摂取がなされているものも少なくなかったが(Goodwin1979, 西阪2008など)、会話の組織と嗜好品摂取との関係について焦点をあてる研究は少ない。本報告では、会話の組織と嗜好品摂取の関係についてエスノメソドロジー・会話分析の立場から明らかにすることを目的としている。
 本報告では、三名によるおしゃべり、読書会、懇親会などの場面のビデオデータ(2016年に撮影、6ケース、約10時間分)を対象に、参加者の参加の枠組みや発話と嗜好品摂取の関係に焦点をあてて分析を行う。
 報告当日は、特に話し手であることと嗜好品の摂取に焦点をあてた個別事例の分析をいくつか示したい。
3.一般会話における終助詞butとtrailoffの会話構造
畑和樹(Newcastle University)
 我々は様々な装置を駆使することで対話行為を履行しており、文法もそれらの一つである。本発表では会話分析の観点から、終助詞butを伴うtrailoff現象の再記述を試みる。具体的な事例として、以下のような会話構造に焦点を当てる。
Excerpt (1): Tape_026602
1     NIN:   did you see, you ↑know ↓this ↑last gardener's;
2            (1.2)
3     CLA:   gardener's ↑world.=
4     NIN:   =gar:dener's world.
5            (1.7)
6     CLA:   I ↑haven't >really looked at it,<=
7  →         =no I ↑glanced (.) very briefly↓ at it;=but_
8            (1.2)
9  >  NIN:   where it had er↓ a broom ↑garden.   
10           (0.4)
11    CLA:   no↓ I didn't see that
12    NIN:   oh_=let's have a look and see if
13           I can find it.
 BNC(British National Corpus)から得た音声サンプルを基に、終助詞butを伴う順番完了の指標や、話者の認識、その後の行為における対話構造等に焦点を当て、これまで見過ごされてきたtrailoffにおける「行為連鎖」を明らかにしたい。
 先行研究で述べられている通り、trailoff butは話者らに会話構造の情報を与えることで語順の統語的・文法的な完了を待つことなく話者交代を引き起こすことが見られる。つまりtrailoffにおけるbutは新情報導入のために置かれるのではなく、これまで構築された対比を話者らに再認識させることを示している。しかし、(終助詞としての)butの順番内機能に対し、trailoffを伴う行為連鎖や会話構造にはあまり焦点が当てられていない。
 本発表では、trailoff butの「受け手」が起こす行動形式に注目し、当現象における行為連鎖、実践された異なる構造形式を考察する。まず先行研究で記述された通り、受け手の行為が(butで完了された)直前の順番に関連付けられることで、会話の継続と目的の履行を行うことが今回の分析においても確認された。この場合、受け手はbut後の沈黙に順番移行に関する適切な場所を見出し、行為の連鎖を継続したことが示唆される。一方、受け手はbut後の沈黙を語順完結可能な場所としてのみではなく行為連鎖そのものを完結可能とみなし、関連する順番を産出することなく新たな連鎖をはじめる現象も見られた。これらの異なる会話構造や話者らの実践を読み解くことでtrailoffの複雑さを示し、また行為連鎖の観点から当現象を分析する重要性を論じたい。
4.観察社会学にとって、「概念分析」とはいかなるものなのか?――P.Winchを正確に「誤読する」試み?
岡田光弘(国際基督教大学)
 Peter Winch のThe Idea of Social Science (1958)とUnderstanding a primitive society(1964)の刊行と、そこでのWinchの立論は、特に、マンチェスター学派のエスノメソドロジー研究に大きな影響を与えた。
 Winch の論点は、「ルールを理解して身につけることと、それに従うこと」と「観察と推論を介して法則のような規則性を確立する」こととの違いである。現実の社会学者の多くは、「言語ゲーム」に参加することで、研究対象となっている社会生活の規則性を観察することはせず、法則を求めて、仮説と検証の過程へと進む。これへの批判とそれに代わる具体的な研究方針がEMであると考えられる。
 Winchの論点に、「『社会関係』は『規則に従う』ことの論理的な前提となっている。」というものがある。ここでの問題は、「社会関係」の内実である。「社会関係」は「会話における概念の交換」に例えられており、Sacksは、「概念の交換」を可視化する手だてを産み出した。
 「『規則』という語の用法は、『同じ』という語の用法と織り合わされている」とい論点について言うと、ここでの「同じ」という秩序は、「可視性」によって担保される。Garfinkelらは、Winchに「可視性」への感受性が欠けていることを指摘した。概念が作動することによって得られる「可視性」に注目することで、EMは、Winchを乗り越えて歩みを進めることができた。
5.遠距離介護のコミュニケーションにおける高齢者の本人参加――高齢者への次話者選択時の離れて暮らす子供の自己選択順番取得
中川敦(宇都宮大学)
 遠距離介護の研究においては高齢者本人の意思を尊重することの重要性が指摘されることがある。高齢者の意思を尊重するための一つの方法は、高齢者本人が、離れて暮らす家族、福祉の専門職者とのコミュニケーション中で、発話を行なう機会を作り出すことであると考えられる。ところが、実際の遠距離介護におけるコミュニケーションを観察すると、時に、高齢者本人がそうしたコミュニケーションに参与する機会が生じていても、高齢者本人ではなく、離れて暮らす子供がその機会を利用して発話を行なうことがある。本研究の目的はこうした場面に焦点を当て、そのような現象が、なぜ(why)、そのような形で(that)、その時に(now)生じているのかを、会話分析の方法を用いて明らかにすることにある。具体的に分析の対象とするのは、ケアマネジャーによって高齢者が次話者として選択されているときに、(次話者として選択されていない)離れて暮らす子供が順番取得を行なうという現象である。分析の結果、次話者選択順番と自己選択順番との間の沈黙の有無、次話者選択順番、および自己選択順番における行為の位相に、高齢者が次話者選択されているにもかかわらず、離れて暮らす子供が自己選択を行なう理由が示されていることが明らかになった。

お問い合わせ

  • この案内に関する問い合わせは、森 一平()まで
  • 研究例会に関する問い合わせは、EMCA研世話人(エスノメソドロジー・会話分析研究会 世話人 )まで
  • 入会手続き等、EMCA研に関する問い合わせは、EMCA研事務局(エスノメソドロジー・会話分析研究会 事務局 )まで

↑ページ先頭へ→研究会の活動→入会のご案内