■EMCA研ホーム > 研究会の活動 > 活動の記録

エスノメソドロジー・会話分析研究会:2015年度の活動


2015年度 秋の研究大会



→短信:報告と写真を掲載しました [2016/02/26]

概要

EMCA研究会2015年度研究大会を下記のとおり開催いたします。第二部では、翻訳書『診療場面のコミュニケーション:会話分析からわかること』が出版されたばかりの、ジョン・ヘリテージ先生およびダグラス・メイナード先生に、ご講演いただきます。多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

(大会担当世話人:前田泰樹・黒嶋智美)


  • 日時: 10月24日(土)10:00-17:00
  • 場所: 東海大学高輪キャンパス 4201・4202教室  [地図]
  • 大会参加費: 無料(会員・非会員とも)

プログラム

10:00 受付開始
10:30-12:00 第一部:自由報告
10:30-11:00 鈴木雅博(大同大学)
教師間相互行為における成員カテゴリーの諸相[→概要
11:00-11:30 三部光太郎(千葉大学大学院)
クライアントの応答を組み換える―キャリア形成支援カウンセリングにおける、意志、動機、責任の帰属実践についての会話分析[→概要
11:30-12:00 海老田大五朗(新潟青陵大学)
T学園/C社の組織デザインと商品開発 [→概要
12:00-13:30 昼食
13:30-14:00 総会
14:00-17:00 第二部:特別講演 (講演は英語で行われます)
14:00-14:05 主旨説明:司会 黒嶋智美(千葉大学)
14:05-14:50 John Heritage(University of California, Los Angeles)
Are explicit apologies proportional to the offenses they address? [→概要
14:50-14:55 指定討論:串田秀也(大阪教育大学)
14:55-15:05 リプライおよび質疑応答
15:05-15:10 休憩(5分)
15:10-15:55 Doug Maynard(University of Wisconsin-Madison)
Directing & assessing children during Autism diagnosis: An EMCA perspective →概要
15:55-16:00 指定討論:浦野 茂(三重県立看護大学)
16:00-16:10 リプライおよび質疑応答
16:10-16:15 休憩(5分)
16:15-17:00 全体討論
17:00 閉会

講演概要

Are explicit apologies proportional to the offenses they address?
John Heritage University of California, Los Angeles, USA
In this paper, we consider Goffman's proposal of proportionality between virtual offenses and remedial actions, based on the examination of 102 cases of explicit apologies. To this end, we offer a typology of the primary apology formats within the dataset, together with a broad categorization of the types of virtual offenses to which these apologies are addressed. We find a broad proportionality between apologies and the offenses they remediate when the offenses to be remediated are minor, however this relationship is not sustained among larger apologies and offenses. In the latter cases, relational and contextual contingencies are important intervening factors influencing apology construction.
Directing & assessing children during Autism diagnosis: An EMCA perspective
Doug Maynard University of Wisconsin-Madison, USA
This presentation is labeled “notes” because it is an outline of research in progress. This project, funded by the U.S. National Science Foundation, involves field research entitled, “The Sociology of Testing and Diagnosis for Autism Spectrum Disorder (ASD).” From this project, I aim to identify three phenomena. First, I show the relationship between ASD and the avenue it carves into the ethnomethodological world of everyday practices. Original definitions of autism in the work of Kanner (1943) and Asperger (1944) basically describe breaches of commonsense order, and thereby suggest how ASD may give access to what commonsense consists of. Second, in clinical testing, breaches of commonsense often show up as violations of “directive-response” sequences. After being asked for a particular answer or performance, the child appears to be willfully noncompliant. Third, clinicians make sense of such conduct by depicting the agency of a child separate from the interactional contexts in which violations occur. Clinical sense making also includes “anecdotal optimism,” which is putting a positive twist on the child’s otherwise violative behavior. Once again, commonsense works toward providing for the appearance of a benign social world. To demonstrate the robustness of these phenomena, I will show two examples from different eras in the diagnosis of autism.

↑プログラムへ

自由報告発表概要

教師間相互行為における成員カテゴリーの諸相
鈴木雅博(大同大学)
本発表は,教師が相互行為のなかで種々の成員カテゴリーへと自他を定式化しながら,成員カテゴリーに関連する諸規範を参照することで自らの仕事の有り様を規定していくワークを記述することを目的とする。調査は2009年から2年間にわたり公立中学校において実施されたものであり,本発表では,下校時刻の繰上げをめぐる運営委員会での議論を対象とする。記録はフィールドノーツによるものである。運営委員会は職員会議への提出原案を先議する場であり,管理職のほか学年主任・校務分掌部長等が参加する。ここでの議論は,条例改正による勤務時間短縮にともなって下校時刻の繰上げが提案されたことを契機としている。原案は繰上げ期間を一部に限定していたため,より一層の繰上げを求める者と原案を擁護する者との間で論争となった。そこでは,教師たちが〈労働〉/〈教育〉/〈リスク〉といった各カテゴリー集合を枠組みとして論じることで,また,各カテゴリー集合に付随する諸規範を参照することで,原案の擁護/対抗を成し遂げていた。本発表ではこのワークを対象とした検討を行う。
クライアントの応答を組み換える―キャリア形成支援カウンセリングにおける、意志、動機、責任の帰属実践についての会話分析
三部光太郎(千葉大学大学院)
本報告が取り上げる活動は、ハローワークや各種学校、企業や就労支援を行うNPOなどで行われている、キャリア形成を支援する相談活動(キャリア・カウンセリング)である。相談活動の序盤において、カウンセラーはクライアントの過去や現在、将来の展望についての情報を収集する活動に従事する。その過程は基本的に、「カウンセラーによる質問‐クライアントによる応答」という行為連鎖として進行するが、時としてカウンセラーは、クライアントの応答の直後(あるいは最中)に、それまでのクライアントの応答の発話を、言葉の付け足し、削除、置き換えなどを行いながら繰り返し、クライアントに対して確認を求める。本報告が明らかにするのは、そうした確認質問を通じて、カウンセラーがクライアントに意志や動機、責任などを帰属(しようと)する実践の編成である。報告当日は、個別事例の分析をいくつか示したうえで、報告の後半において、どのような仕方で個別事例の分析を相互に関連付けるべきかについて、検討を行うことを予定している。

↑プログラムへ

T学園/C社の組織デザインと商品開発
海老田大五朗(新潟青陵大学)
障害のおもさを総合的に判断する基準の一つに、「就労の可否」がある。つまり、「働くことができる」障害者は軽度、「働くことができない」障害者は重度と分類されうる。したがって、一般に重度障害者を受け入れる生活介護施設/施設入所支援では、軽作業などの訓練がなされることはあるが、その軽作業が経済的な見返りをもたらすことはない。しかしながら、作業訓練として農業を取り入れ、山の斜面で葡萄をつくり、その葡萄でワインをつくる会社を立ち上げ、そこで作られたワインの売り上げで、重度障害者を受け入れる生活介護施設/施設入所支援施設に一般企業が支払う、給与でもなければ就労支援施設が支払う工賃でもない、「作業収益の分配」として分配金をもたらす仕組みをつくった組織がある。しかもその組織は30年以上も継続している。本報告の目的は、そのような仕組みを持つ、T学園/C社がどのように組織されているかを明らかにすることである。そして、組織運営の継続の鍵となる、商品としてのワインの商品開発やその歴史について、当時の経営者や技術開発に携わったアドバイザーの証言をもとに再構成することを目的とする。

↑プログラムへ

お問い合わせ

  • この案内に関する問い合わせ先: 前田泰樹akiya0427[atmark]gmail.com
  • 入会手続き等,EMCA研に関する問い合わせ先: エスノメソドロジー・会話分析研究会 事務局 (EMCA研事務局)

↑ページ先頭へ

2015年度 春の研究例会



概 要

EMCA研究会2015年度春の研究例会を下記のとおり開催いたします。第2部では、先日刊行された、高田明・嶋田容子・川島理恵編,2016,『子育ての会話分析――おとなと子どもの「責任」はどう育つか』の書評セッションを設けました。多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

大会担当世話人:戸江哲理・森本郁代
(最終更新: 2016年2月15日)

  • 日時: 3月6日(日) 10:30-17:10
  • 場所: 関西学院大学梅田キャンパス 10階1004教室 [地図
  • 大会参加費: 無料(会員・非会員とも)
  • 事前参加申込: 不要

プログラム

10:10 受付開始
10:30-12:10 第1部 自由報告
10:30-11:00 吉陽(筑波大学大学院)
「ヒア・レスポンスにおける学習者の修正やりとりの構造――問題点を指摘する連鎖に着目して」 [→要旨
11:05-11:35 平本毅(京都大学)
「会話分析におけるマルチモーダル概念再考」 [→要旨
11:40-12:10 岡田光弘(国際基督教大学)
「観察社会学(エスノメソドロジー研究)によるワーク研究の中心は教育の研究でした。」 [→要旨
13:30-17:10 第2部 書評セッション
高田明・嶋田容子・川島理恵編,2016,『子育ての会話分析――おとなと子どもの「責任」はどう育つか』昭和堂.
13:30-13:55 高田明(京都大学)
本全体についての概説
13:55-14:10 遠藤智子(日本学術振興会特別研究員RPD)・高田明
第2章「言うことを聞きなさい――行為指示における反応の追求と責任の形成」
14:10-14:35 黒嶋智美(日本学術振興会特別研究員PD)
第3章「ん?なあに?――言い直しによる責任の形成」
14:35-14:50 川島理恵(関西外国語大学短期大学部)・高田明
第7章「家族をなすこと――胎児とのコミュニケーションにおける応答責任」
14:50-15:00 休憩
15:00-15:15 コメント:橋彌和秀(九州大学)
15:15-15:30 コメント:西澤弘行(常磐大学)
15:30-15:45 コメント:五十嵐素子(北海学園大学)
15:45-15:55 休憩
15:55-16:25 執筆者陣のリプライ
16:25-17:10 総合討論
17:10 閉会

自由報告要旨

(1)「ヒア・レスポンスにおける学習者の修正やりとりの構造: 問題点を指摘する連鎖に着目して」(吉陽・筑波大学大学院)
  本研究は会話分析の研究手法を使用し、作文活動であるピア・レスポンスにおける学習者のやりとりを考察する。ピア・レスポンス(以下PR)とは学習者同士がお互いに書いた作文をもとに書き手と読み手の立場を交換しながら、インターアクションを通して作文を検討する活動である(池田2003)。PRにおいて、読み手は相手の作文について、自分のコメントや意見を述べる役割を持っており、さらに、相手の作文を改善するために、肯定的なコメントより、作文における問題点を指摘することは主要な行為だと言える。しかし、PRのような相手の作文に問題点を指摘する行為は正当な場においても、相手のファイスを脅かす危険性が存在しており、同じく学習者である相手の作文に対して、問題点指摘は容易なことではないと考えられる。
  したがって、本研究は会話分析という研究手法を用いて、PRにおいて、読み手はどのように相手の作文について問題点を指摘するのかを明らかにすることを目的とする。
  分析結果として、読み手は主に?問題点指摘の連鎖に入る前に、書き手の意図を確認するプレ的な連鎖を用いること、?問題点に対して、可能な改善案を提示する、という2つの方法を用いることがわかった。
(2)「会話分析におけるマルチモーダル概念再考」(平本毅・京都大学)
  会話分析研究の最近の潮流の一つに、身振りや視線、道具使用などの、相互行為における非音声言語的資源のはたらきを解明するマルチモーダル(Multi-modal)分析(Stivers & Sidnell, 2005; Streeck, Goodwin & LeBaron, 2011)がある。
  本発表では会話分析研究の歴史の中での非音声言語的資源の扱いをレビューし、また現在の研究事例の中でマルチモーダル概念がどう使われているかを概観したうえで、会話分析者がこの概念をどう位置づけるべきかを論じる。その結果、マルチモーダル分析の主導者たるGoodwin夫妻に加えSacksSchegloffらも早い時期から身体資源の分析を行ってきたこと、マルチモーダル概念が社会記号論など外部の分野から持ち込まれたものであること、この輸入にはGoodwin夫妻の2000年前後の研究動向が密接に関わっていること、現在マルチモーダル概念が使用される際に、しばしば既存の音声言語資源中心の会話分析研究との対比が行われることなどが明らかになる。
  以上をふまえたうえでの報告者の暫定的な結論は、マルチモーダル概念は研究のポジショニングを行う際や議論を整理する際に便利なものなのでその点において有用性がみとめられるが、それが会話分析研究の志向性とどれだけ整合的かは認識しながら使うべきであり、とりわけ分析上の記述に用いる際には細心の注意が必要だというものである。
(3)「観察社会学(エスノメソドロジー研究)によるワーク研究の中心は教育の研究でした。」(岡田光弘・国際基督教大学)
目的:EMCA,特に、ワークのエスノメソドロジー研究(ESW)における教育研究の意義を明らかにすること
方法:ESWにおける教育研究の伝統を学史において示すこと
結論:観察社会学(エスノメソドロジー研究)においては、ワークは、何らかの「方法による達成」を指す言葉である。研究史をひもとくならば、ワーク研究(ESW)は、Sacksらによる会話の達成をモデルに、GarfinkelSudnowによる大学での化学の講義を研究したのがその嚆矢であった。この流れは、Garfinkelと、その弟子であるBurnsによる研究に引き継がれた。彼女とGarfinkelとの研究は、大学での社会学の講義をフィールドに行なわれたものだった。その後、師の教えに遵いイエール大学のロースクールに進んだBurnsは、自らの経験に基づき、法曹教育を題材にして教育のワーク研究を行なうことになる。
  観察社会学は、メンバーの(Ethno)方法に学ぶ営み(Methodology)である。そこには、身体で学んだ適格な能力(Vulgar Competence)に基づき、その場で起こっている「固有の方法に寄り添うべしという要請(Unique Adequacy Requirement)」がある。そのためは、必ず、研究対象である活動の実践者でもあることが必要なのであろうか。それは、いわゆるオート・エスノグラフィとは何が違うのだろうか。
  先に挙げた Garfinkel - Sudnow - Burns という流れ以外の、Garfinkel - Lynch & Macbeth、また Garfinkel - Livingstone という教育のワーク研究の流れにも触れ、こういったことについて考えたい。

お問い合わせ

  • この案内に関する問い合わせは、森本()まで
  • 研究例会に関する問い合わせは、EMCA研世話人(エスノメソドロジー・会話分析研究会 世話人 )まで
  • 入会手続き等、EMCA研に関する問い合わせは、EMCA研事務局(エスノメソドロジー・会話分析研究会 事務局 )まで

↑ページ先頭へ→研究会の活動→入会のご案内