■EMCA研ホーム > 研究会の活動 > 活動の記録

エスノメソドロジー・会話分析研究会:2014年度の活動


2014年度 秋の研究大会



→短信:報告と写真を掲載しました [2016/03/02]

概要

EMCA研究会2014年度研究大会のプログラムをお送りいたします。本年は、林誠先生(イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校)にご講演いただきます。また、自由報告のほか、新たな取り組みとして、若手研究者のキャリアパスを考えるためのセッションを設けました。最近就職された方々に話題提供をいただき、エスノメソドロジー・会話分析研究(者)の来し方行く末について議論・情報交換をする予定です。多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

(大会担当世話人:平本毅、秋谷直矩)


  • 日時: 10月12日(日)10:00-17:30
  • 場所: 立命館大学梅田キャンパス(大阪富国生命ビル)14階多目的室・演習室2 [地図]
  • 大会参加費: 無料(会員・非会員とも)

プログラム

9:30 受付開始
10:00-11:30 第一部:自由報告 【多目的室】
10:00-10:45 森本郁代(関西学院大学)
過去の出来事についての語りにおける指さしと認識性[→概要
10:45-11:30 中川敦(島根県立大学)
遠距離介護の意思決定過程の会話分析――統語的未完結発話とその統語的続きによる発話に注目して[→概要
11:30-12:40 第二部:キャリアパスセッション 【多目的室】
  11:30-11:40 主旨説明:司会 秋谷直矩・平本毅(京都大学)
  11:40-12:00 話題提供1:小宮友根(東北学院大学)
  12:00-12:20 話題提供2:海老田大五朗(新潟青陵大学)
  12:20-12:40 話題提供3:川島理恵(関西外語大学)
12:40-13:50 昼食
※なお、この時間はキャリアパスセッション後話題提供者を含めた参加者らとのフリートークセッションとしても位置付けておりますので、こちらに参加する方はあらかじめお昼を持参してください
13:50-14:20 総会
14:20-15:50 第三部:自由報告(多目的室・演習室2のパラレルセッションになります) 
  【多目的室】
14:20-15:05 リュウガクカン(滋賀県立大学)
カーレースの実況中継における新旧活動のマネジメント [→概要
15:05-15:50 藤原信行(立命館大学)
自死遺族らによる自殺動機付与・責任帰属活動と動機の語彙・成員カテゴリー [→概要
  【演習室2】
14:20-15:05 張承姫(関西学院大学)
褒めと褒めに対する焦点ずらしの応答について [→概要
15:05-15:50 杜長俊(筑波大学)
「プレプレ」と「プレデリケート」が交差する瞬間――指示表現で発話順番を完結させる現象をめぐって [→概要
15:50-16:00 休憩
16:00-17:30 第四部:講演 【多目的室】
16:00-16:35 林誠先生(イリノイ大学 アーバナ・シャンペーン校)
Collateral effects(付随効果)と相互行為言語学の展望 [→概要
16:35-16:55 指定討論者:鈴木佳奈(広島国際大学)
16:55-17:30 総合討論
17:30  閉会

講演概要

Collateral effects(付随効果)と相互行為言語学の展望
林誠先生(イリノイ大学 アーバナ・シャンペーン校)
この発表では、Sidnell & Enfield (2012)によって提唱された collateral effects (付随効果)という概念を紹介しつつ、相互行為言語学・会話分析からみた文法研究の近年の動向、今後の展開について議論する。「言語相対論研究の第3の領域」として提案された collateral effects という概念は、示唆に富むものではあるものの同時に批判の余地もある概念である。この発表を機に、EMCA研の方々と大いに議論できることを期待する。
参考文献
Sidnell, J. & Enfield, N. J. (2012). Language diversity and social action : A third locus of linguistic relativity. Current Anthropology 53, 302-333.

↑プログラムへ

自由報告発表概要

過去の出来事についての語りにおける指さしと認識性
森本郁代(関西学院大学)
本報告では、3人以上の参与者による会話において、話し手が受け手の一人が関わる過去の出来事を語る時に、その受け手に対して指さし(pointing)を行うというふるまいを記述し、指さしが、語られている出来事に関する受け手の「認識的優位(epistemic primacy)」(Hayano, 2013)を示す手段として用いられていることを明らかにする。
指さしというふるまいは、物理的な空間における人や物、場所、方向だけでなく、その場に存在しない抽象的な対象を指し示す手段としても用いられている(Kita, 2003; Kendon,2004)。従来、指さしが何を指し示しているかは自明であるかのように考えられてきた。しかし、近年の研究で、指さしの対象は、指さしが埋め込まれている活動や行為を参照することによってはじめて理解可能になることが明らかにされてきている(Goodwin, 2003; Mondada, 2007)。本報告の分析は、指さしの対象が理解可能になる過程だけでなく、話し手が語っている過去の出来事の帰属先として受け手を指示していることを明らかにするとともに、受け手の認識的優位を示すことによって、話し手がどのような行為を達成しているのかを記述する。
引用文献
Goodwin, Charles. 2003. Pointing as situated practice. In Sotaro Kita (ed.) Pointing: Where language, culture, and cognition meet, 217-215. New Jersey: Lawrence Erlbaum Associates, Inc.
Hayano, Kaoru. 2013. Territories of Knowledge in Japanese Conversation. Unpublished PhD dissertation, Radboud Universiteit, Nijmengen. Kendon, Adam. 2004. Gesture: Visible action as utterance. Cambridge: Cambridge University Press.
Kita, Sotaro. 2003. Pointing: A foundation building block of human communication. In Sotaro Kita (ed.) Pointing: Where language, culture, and cognition meet, 1-8. New Jersey: Lawrence Erlbaum Associates, Inc.
Mondada, Lozenza. 2007. Multimodal resources for turn-taking: pointing and the emergence of possible next speakers. Discourse Studies, 9(2):194-225.
遠距離介護の意思決定過程の会話分析――統語的未完結発話とその統語的続きによる発話に注目して
中川敦(島根県立大学)
本報告では、遠距離介護者、福祉・医療の支援者が参加して行なわれたケア会議のビデオデータ分析を通じて、遠距離介護の意思決定を実現していく過程で利用される1つのプラクティスを明らかにしたい。具体的に注目するのは、①先行発話が統語的に完結していないが、相手に言いたいことが伝わるようにデザインされており、②その時点でターンが区切られ、③先行発話とは異なる話者による後方発話において、統語的に未完結であった先行発話の統語的な続きが発せられるケースである。こうしたケースのコレクションの検討からは、先行発話については、(ⅰ)発話の中で最も言いたことが述べられた部分で止めるパターン、(ⅱ)デリケートな事柄を最後まで言わないパターンがあることが観察された。後方発話については、聞き手の立場からの先行発話に対する「同調」などを明確に示しながら発話を組み立てているケースが多いことが観察された。報告では、こうした観察を精緻化しながら、発話が成し遂げている行為の宛先などにも注意を払い、そうしたプラクティスが遠距離介護の意思決定過程について持つインプリケーションについても言及したい。

↑プログラムへ

カーレースの実況中継における新旧活動のマネジメント
リュウガクカン(滋賀県立大学)
実況中継という活動は、参加者たちが絶えず変化する状況にアクセスしながら、相互行為的に行われる。本研究は、カーレースの実況中継において、参加者たち(アナウンサー1人、解説者2人)は、いかに現在進行中の活動とは別に、画面内の状況を手がかりに、新たな活動を開始するかを分析する。具体的には、進行中のコメント活動が行われている最中に、しばしば画面内では、新たな出来事の兆候が現れる。この時、進行中のコメントの話者は、自らその兆候に志向し、発話を中断し、新たなコメントを開始する場合と、話者以外の参加者が兆候に志向し、発語をすることで、進行中のコメントを提案する場合がある。本研究では、主に後者のほうに注目し、参加者はどんな方法を使って、特定の活動を提案するかを分析する。
自死遺族らによる自殺動機付与・責任帰属活動と動機の語彙・成員カテゴリー
藤原信行(立命館大学)
自死遺族たちが直面するさまざまな困難の一つとして,近親者の自殺の動機付与と責任帰属をめぐる問題がある.この自死遺族らが直面させられている困難は,死生学等では自殺や自死遺族にたいする人びとの偏見,すなわち〈こころ〉の問題として理解され,かつそのような偏見の持ち主を〈遺族らのこころを傷つける者〉だとして非難している.しかし,当該問題をそのように心理内在的なこととして記述し非難することは,その経験的記述(と問題解決)を困難たらしめる.そこで本発表では,1980年代後半に自ら命を絶ったAさんの自殺動機と死の責任をめぐって争いつづけてきた遺族BさんとCさん(くわえて,Aさんの職場関係者Dさん)へのインタビューデータをもとに,自殺の動機付与と責任帰属をめぐる問題を,彼女/彼らによる自殺動機(動機の語彙)の付与と成員カテゴリーの執行,そして責任帰属の(未)達成にいたる過程として記述していく.またその記述をつうじて,自死遺族らを自殺の責任をめぐる〈対立・自責・葛藤・逡巡〉か,さもなくば原因/動機にかんする〈わけのわからなさ〉に佇みつづけるかの〈二者択一〉へと否応なしに直面させるものとしての,われわれの家族的紐帯の組織化の論理にも言及できればと考えている.

↑プログラムへ

褒めと褒めに対する焦点ずらしの応答について
張承姫(関西学院大学)
本研究で注目するほめに対する焦点ずらしの応答とは、ほめられた側が自画自賛を回避するため、ポジティブな評価の対象を別の側面にずらして応答するやり方である。本研究では、会話分析の手法を用いて以下の点を分析・記述したい。第一に、従来の日本語におけるほめの研究は、ほめ手の発話の評価対象のタイプを区別せずにほめの応答を分析してきた。それに対し、本研究は、ほめの発話の評価対象のタイプを「聞き手自身」と「聞き手が属するもの」とに区別し、異なる評価対象のタイプによってほめられた側の応答が異なって行くことを提示する。第二に、評価対象によって異なる応答が行われても、焦点ずらしの応答というやり方が見られることを示し、第三に、この焦点のずらし方も、「聞き手自身」あるいは「聞き手が属するもの」という評価対象のタイプによって異なって行くことを提示する。この分析を通して、ほめられた側の応答は話し手の評価対象のタイプと密接にかかわっていることを明らかにする。
「プレプレ」と「プレデリケート」が交差する瞬間――指示表現で発話順番を完結させる現象をめぐって
杜長俊(筑波大学)
本発表は、「1つ聞こうとおもってたけど」「お願いがあるんだけど」のような、質問または依頼という行為を予示させる発話の直後に、「お祝い.」「プリンターのインク.」というように、それらの行為に関わる指示対象を指し示す表現(以下、指示表現とする)を産出し、指示表現の産出とともに順番を完結させる現象を取り扱う。本題行為を予示させる現象は、しばしば指示表現の認識に関する確認のやりとりのような、本題行為に向けた準備を差し挟むことから、「プレプレ」と呼ばれる。本発表では、指示表現で発話順番を終えるという特徴的な現象に注目し、これまでの研究で解明されていない現象の分析を試みる。
分析対象の発話は、下降調のイントネーションで指示表現を産出し、指示表現に関して相手が認識できる、つまり認識の問題がないという想定を示している。この一方で、認識の問題がないと想定しているにもかかわらず、「依頼」「質問」という行為に移ることをしていない。むしろ、発話順番を完結させ、相手に順番を取らせる。これにより、本題行為に移ることに慎重であるという態度を示すとともに、指示表現を認識できるという想定に対する相手の反応を求めることが可能となる。こうして本題の行為の産出に向け、話者が慎重な態度を示し、指示表現の共有認識の想定を焦点化している。このことから、このような発話は、本題行為の産出が話者にとってデリケートなものであることを示すと同時に、「相手との生活史」という水準において、指示表現の認識を喚起していると言えよう。最終的に本発表では、相手の反応及び後続の会話の展開から、これらの発話が相互行為上何を達成しようとしているのかについて明らかにする。

↑プログラムへ

お問い合わせ

  • この案内に関する問い合わせ先: 秋谷直矩akiya0427[atmark]gmail.com
  • 入会手続き等,EMCA研に関する問い合わせ先: エスノメソドロジー・会話分析研究会 事務局 (EMCA研事務局)

↑ページ先頭へ

2014年度 春の研究例会



→短信:報告と写真を掲載しました [2016/02/19]

概 要

EMCA研究会2014年度研究例会のプログラムをお送りいたします。本年は樫村志郎先生先生(神戸大学)にご講演いただきます。また、書評セッション、自由報告を企画しております。多くのみなさまのご参加をお待 ちしております。

大会担当世話人:平本毅、秋谷直矩
(最終更新: 2015年2月13日)

  • 日時: 2015年3月8日(日)9:30-17:45
  • 場所: 立命館大学梅田キャンパス(大阪富国生命ビル)14階多目的室・演習室2 [キャンパスマップ
  • 大会参加費: 無料(会員・非会員とも)
  • 事前参加申込: 不要

プログラム

9:30 受付開始
09:30-12:25 第一部:書評セッション(多目的室)
09:30-10:25 山本真理(早稲田大学)「物語の受け手によるセリフ発話:物語の相互行為的展開」
書評者:黒嶋智美(日本学術振興会)須賀あゆみ(奈良女子大学)
10:30-11:25 池上賢(立教大学)「メディア経験とオーディエンス・アイデンティティ:語り・パフォーマンス・エスノメソドロジー」
書評者:岡田光弘(国際基督教大学)南保輔(成城大学)
11:30-12:25 團康晃(東京大学)「学校の中の物語作者たち─大学ノートを用いた協同での物語制作を事例に」
書評者:戸江哲理(神戸女学院大学)森一平(東京大学)
12:30-14:00 昼食
14:00-16:30 第二部:自由報告(多目的室)
14:00-14:45 荒野侑甫(ニューカッスル大学)
「第一言語話者と第二言語話者による相互行為における協力的方法」 [→要旨
14:45-15:30 重吉知美(短歌結社水甕)・是永論(立教大学)
「短歌の歌会における「批評」の実践」 [→要旨
15:30-16:15 梅村弥生(筑波大学)
「2つのドキュメントを繋げる会話─蘇州日系プラスチック工場における日本人社員と中国人社員との会話から─」 [→要旨
16:15-16:25 休憩
16:25-17:45 第三部:講演(多目的室)
16:20-17:05 樫村志郎先生(神戸大学)
「「相互反映性の原則」の学説的起源 ─1920年~40年代の質的方法論とエスノメソドロジーの原構想─」 [→要旨
17:05-17:20 指定討論者:中村和生(青森大学)
17:20-17:45 総合討論
17:45 閉会

講演

「「相互反映性の原則」の学説的起源 ─1920年~40年代の質的方法論とエスノメソドロジーの原構想─」
樫村志郎(神戸大学)
Garfinkel の『エスノメソドロジー研究』(1967年、viiページ)によれば、エスノメソドロジーのプログラムは、メンバーの方法論に着目することで、日常的活動とその説明可能性の間の「相互反映性」を観察し検討可能にすることを通じて、社会的活動の組織を研究するものと主張される。メンバーの方法はその日常的活動の様相であるとともに、その同一の活動を説明可能にするものであるから、「相互反映性」の現象とは、日常的活動とその説明可能性の間に同一性があることである。この主張──「相互反映性の原則」とよぶ──は、この同一性がメンバーの諸方法の行使の達成として見て取られ、検討され、研究されることができるという主張である。いわゆる「ドキュメンタリー解釈法」や「会話の展開と発話の解釈」や「陪審員の方法」等の事例は、メンバーの諸方法の行使の達成として分析された相互反映性の現象の例である。だが、その方法論的基礎-とくにそれがどのような方法論的意義や学説史的由来をもつものか-はなお十分に明らかになっていない。本報告では、「相互反映性の原則」が「エスノメソドロジー以前」の Garfinkel によるアメリカ社会学の批判的理解から生み出されたという一般的な考え方を示唆したい。とくに Thomas と Znaniecki の『ヨーロッパとアメリカにおけるポーランド農民』(1918-20) と Garfinkel の初期研究、および Mannheim の「世界観の解釈について」(1923=1952)の方法論を検討することを通じ、その構想が、他の源泉-とりわけ重要なのは、Schutz と Gurwitsch の現象学、Burke と Parsons の行為理論-とともに、1920年代から40年代における「行為者の視点」または「状況の定義」の尊重という主観主義的社会学方法論に由来するという解釈を提示する。
なお、本報告は、2014年5月、2014年10月、2014年11月に行った報告をもとにしている。これらの報告原稿およびスライドのいくつかはつぎのURLで入手できる。

自由報告発表概要

(1)第一言語話者と第二言語話者による相互行為における協力的方法
荒野侑甫(ニューカッスル大学)
本発表では、高等教育における英語の第一言語話者と第二言語話者による相互行為(L2相互行為)、複数人による会話、制度的会話への理解をこれまでより深めることを目的とし、学生同士によるグループ・ミーティング──とくに外国語教育の教室以外における言語活動の実践──を会話分析の観点から観察・分析する。本発表の目的を遂行させるために、まず (1)その場面による会話参加者による相互理解を保つためのユニークな方法について探求する。ここでは、参与者同士が行う協力的なシークエンスの例、とくに特異的な修復、コール・アンド・レスポンスなどをいくつか提示する。次いで本研究の観察・分析の結果を (2) 先行研究などと比較し議論を展開したい。そこでは (3) まず学生同士によるミーティングの「制度的」な要素について触れ、(4) 次いで分析にて明らかになった協力的な方法について考察する。なお、本発表で使用するデータは、2013年から2014年までにイングランドの国立大学のコンピュータ・サイエンスの授業のグループ・ミーティング(学部および修士)の様子をビデオで録画したものである。
(2)「自短歌の歌会における「批評」の実践」
重吉知美(短歌結社水甕)・是永論(立教大学)
短歌の創作者はグループとして「歌会」を催す。参加者は自作の短歌を持ち寄り、相互に批評を行う。歌会で「優れた歌人の批評を聞いたり、彼らの実作の現場に立ち会ったりする体験」(穂村 2000)は短歌創作にとって重要とされている。
本研究はエスノメソドロジーの視点から、あるグループの歌会における相互行為の中で「批評」が組織化される実践の分析を行う。分析においては、参加者が他者の作品について質問や対話を通じて解釈を行い、言葉の選択について改善点を述べるといった相互行為上の実践を通じて「批評」をどのように構成しているのかが焦点となる。さらに、多くの場合、作者自身の体験が短歌のモチーフとなっている点から、人々が「経験に対する資格」(Sacks 1992)をどのように参照しながら、作品そのものを理解可能なものとしているのかという点にも注目する。
以上の分析を通じて、観察された歌会において特有の批評の場が構成される過程があることとともに、その体験を通じて参加者が作歌の技術を向上させていることを、分析者自身による歌人としてのエスノグラフィーを踏まえて確認する。
(3)「2つのドキュメントを繋げる会話─蘇州日系プラスチック工場における日本人社員と中国人社員との会話から─」
梅村弥生(筑波大学)
本研究の目的は、職場の情報交換における社員同士の相互行為を詳細に記述することである。とりわけ、社員らの手元にあるドキュメントを「見る」行為と、ドキュメントに記載されていない情報の開示がどのように進行し、発話にどのように埋め込まれているかという問いに焦点を当てる。
本研究のフィールドは、中国蘇州にある日系のプラスチック部品製造工場である。日本人社員 A は、プラスチック部品の金型の製造と修理を受け持つ技術部の社員である。一方、現地社員 B は、社内の全ての金型修理を管理する部署の課長である。 A は自分が作成したドキュメントの金型修理以降の情報覧(試作中・大量生産中・保留中など)を埋めるために、B に質問する。しかし、修理に関わる全ての履歴が記載されたドキュメントが B の手元に無いため、B は情報の記憶を辿りながら答える。2人の会話には、2つのドキュメントを統合する行為が埋め込まれている。会話の途中で、双方の行為のすれ違いが観察され、AB間の質疑応答が不自然に引き延ばされる。しかし、社員Bが修復を開始し解決に至る。
 

お問い合わせ

  • この案内に関する問い合わせは、秋谷()まで
  • 研究例会に関する問い合わせは、EMCA研世話人(エスノメソドロジー・会話分析研究会 世話人 )まで
  • 入会手続き等、EMCA研に関する問い合わせは、EMCA研事務局(エスノメソドロジー・会話分析研究会 事務局 )まで

↑ページ先頭へ→研究会の活動→入会のご案内