■EMCA研ホーム > 研究会の活動 > 活動の記録

エスノメソドロジー・会話分析研究会:2007度の活動


2007年度 秋の研究大会



概 要

2007年度のEMCA研究会大会のプログラムが決まりましたので,ご案内いたします.今年は,認知科学,行動科学,機能言語学において第一線でご活躍の3名を講師に招き,相互行為研究に関するシンポジウムを開催します.ぜひとも多くのみなさんにご議論に参加していただければと思うしだいです.(企画担当世話人 西阪 仰・高木智世)

■日時: 2007年9月29日土曜日
■会場: 明治学院大学 白金キャンパス地図 本館2階*(北ウィング)1255教室
 * 正門から入られるときは,本館2階が地上階になります。
■参加費: 会員* 1000円/一般 1500円
 * 入会申込については →入会のご案内 をご参照ください。

プログラム:

  • 9:30 受付開始
  • 10:00 - 12:30 シンポジウム「相互行為研究の可能性: 認知科学・行動科学・機能言語学から学ぶ」
    講師:
    1. 片桐恭弘(はこだて未来大学)「会話行為の情報科学」 [要旨]
    2. 細馬宏通(滋賀県立大学)「微笑は微かな笑みか?: 微笑と哄笑の相互作用分析」 [要旨]
    3. 鈴木亮子(慶応義塾大学)「会話における引用と提題の関係:『って』構文の分析」 [要旨]
    (司会: 西阪 仰)
  • 12:30 - 13:30 世話人会(新旧世話人のみ)
  • 13:30 - 14:00 2007年度総会(会員のみ)
  • 14:00 - 15:15 自由報告 I (会話と行為)
    1. 岩田夏穂・初鹿野阿れ「他者による話題の開始: もう一人の参加者について語ること」 [要旨]
    2. 田中剛太「会話における『思う』の働きについて」 [要旨]
  • 15:30 - 16:45 自由報告 II (医療の相互行為)
    1. 高木智世「診療場面における相互行為の資源としてのカルテ」 [要旨]
    2. 西阪 仰「周産期医療における相互行為の一側面: 問題提示とその扱い」 [要旨]

シンポジウム「相互行為研究の可能性: 認知科学・行動科学・機能言語学から学ぶ」講演要旨

片桐恭弘(はこだて未来大学)
「会話行為の情報科学」
会話を行為という観点からとらえるという手法はさまざまな分野で広く採用されている.行為概念に依拠することの利点は,言語に対して,記号の系列という抽象レベルでの記述のみに限定されずに,一方では,発話意図,背景信念やさらには感情や文化制約のような発話の背後にあって会話を支えているより抽象度の高い要因を,他方では,音声やジェスチャー等,身体的で具象性の高い要因を両方共,考察の対象として取り入れることを可能とした点にある.情報科学の手法を用いたそれら両方向への拡張の例として,日英会話スタイルの比較によるインタラクションスタイル類型化の試み,および機械学習手法を用いた自然会話における非言語情報の組織化と機能分析の試みについて紹介する.
細馬宏通(滋賀県立大学)
「微笑は微かな笑みか?: 微笑と哄笑の相互作用分析」
 ヒトを含む動物の発する信号には大きく分けて三つのレベルの指標がある。第一は、発し手の内的状態、第二は、信号の指示対象(自他の発語、身体動作、特定の事物など)、そして第三に、信号の受け手が誰であるかである。笑いについても、
  1. 笑いによって表される情動 (快不快など),
  2. 笑いの対象(自他の発語・身体動作、特定 の事物など)
  3. 笑いの受け手(誰に笑いかけているか)
という3つの問題をたてることができる。
 言語活動に比べると、微笑は扱いが難しい。それは、これら三つのレベルの指標に、よりあいまいさがつきまといやすいからである。
 第一の情動については、感情心理学や表情研究の領域で、表情と情動を結びつけるためのさまざまな試みがなされている(たとえば、 Ekman & Friesen 1979, Izard 1979)。とくに微笑みに関しては、従来、一括して微笑として扱われていたものの中に、口角のみがあがる演技的笑いと、目の周辺や頬にかけて全体的な表情筋の変化を引き起こす 自発的笑い(デュシエンヌ・スマイル)とがあることが知られるようになってきた(Ekman et al. 1992)。
 しかし、これらの研究は、微笑みの背後にある情動をあくまで傾向として取り出すものであり、個々の場面における微笑の意味を保証するも のではない。心理学の諸研究は、特定のタイプの微笑みが特定の情動と一意的に結びつくとは限らないことを示しており、むしろ微笑の文脈依 存性を示唆している。
 第二の対象指標性にも、あいまいさが伴う。笑いは、発語に含まれる名詞や動詞とは異なり、そこに対象の情報をほとんど含んでいない。笑 いの対象は多くの場合、それに伴う発語やジェスチャーと組み合わせて解釈され、文脈依存性が強い。発語に差し挟まれる笑いは、差し挟まれ たことばとの間に強い関係を持っていると思われる (Jefferson 1984) ものの、差し挟まれた語が笑いの対象であるとは限らない。
 第三の受け手指標性は、会話分析において重要な問題である。発し手 と受け手の関係については、Jefferson (1979, 1984, 2004) に よって精力的な分析が行われており、発語者が自ら笑うことで、受け手 の笑い/笑いの拒絶を引き起こす例が数多く指摘されている。が、多人数会話における会話分析でしばしば問題にされる「受け手は誰か?」と いう問題は、笑いについてはこれまであまり論じられてこなかった。
 その原因は、会話分析の扱ってきた笑いが、もっぱら発声を伴う哄笑 laughter であり、laughter に伴う表情や、laughter に至 らない微笑 smile が扱われてこなかったことにあるだろう。笑いの音声には,特定の相手を指す性質が希薄なのに対し、笑いの表情に は、笑いを浮かべている顔の向きを伴う。多人数会話においては、この顔の向きが、受け手が誰であるかを示す重要な手がかりになる。
 以上の点を踏まえて、本発表では、これまであまり論じられることのなかった微笑に焦点をあて、それが哄笑とどのような相違点を持つのか を考える。その上で、笑いにおける視覚性/聴覚性という二つの側面が、相互作用の中で、いかに協調的/競合的に現れるか、それが多人数 会話の相互作用にどのように関わっているかについて事例を挙げながら論じる。
鈴木亮子(慶應義塾大学)
「会話における引用と提題の関係―『って』構文の分析」
日常の会話で、頻繁に使われる形態素の一つに『って』がある。会話の中での『って』は、発話の中程、末尾、冒頭で様々な働きをしている。『って』の最も古く基本的な機能は、発話や思考内容に接続する、いわゆる引用助詞としての用法だが、この発表では、馴染みの薄い事物や人の名前を提示・説明する、名詞に関連する用法に焦点をあてる(例:いくつなんですか、妹さんって?)。引用の標識がなぜ名詞関連用法をもつのか? 現代の会話データをみると、
  1. 直前の発話に部分的に言及(引用)して意図や意味を尋ねる、
  2. 会話の場に存在する事物を指し示す、
  3. 会話の場には存在しない事物に言及・提示する
という三通りの名詞関連用法がある。

自由報告要旨

自由報告 I (会話と行為)
岩田夏穂(お茶ノ水大学)・初鹿野阿れ(東京国際大学)
「他者による話題の開始: もう一人の参加者について語ること」
初対面2人を含む3人の会話においては,参加者がお互いについての情報の非対称性とその解消を志向する現象が観察される.話し手がある参加者に宛てて,もう一人の参加者について語ることによる話題開始もその一つであろう.例えば,参加者AがBに、Bと初対面の参加者Cについて,「Cさんね わざわざ大阪へライブに行ってきたんだって」と切り出す発話は、Cに関する情報をBに提供するとともに、当事者Cにその話の続きを促している。このAの発話は、三者の関与が可能な話題開始のきっかけとなっていると考えられる。今回の発表では,このような現象に着目し、上述のようなAの発話に対する他の参加者の適切な振る舞いと次話者選択のルールとの関連に焦点を当てることで、他者による話題開始のメカニズムを探る。
田中剛太(明治学院大学)
「会話における『思う』の働きについて」
本報告では会話分析の手法を用いて、会話の中で「思う」という述語がどのような働きをしているかを、データに即して検討する。「思う」という発話が置かれた行為連鎖の組織に注目し、発話連鎖の組織という次元と、具体的な実践という次元から分析を試みる。そのような実践の典型的な例としては、「~しようと思う」という述語が「意図」を表現する場合が挙げられる。意図を語るという実践が可能になるのは、行為連鎖上の特定の環境においてのみである。一方、発話連鎖の組織に着目すると、話者は「思う」という発話によって、前に戻ることをする、シークエンスを終わらせる、相手の特定の発話を予めブロックする、などの行為をすることがある。こうした行為がどのような実践を行うことであり、それがどのような心的事象を明らかにすることになるのかを検討することが本報告の目的である。
自由報告 II (医療の相互行為)
高木智世(つくば大学)
「診療場面における相互行為の資源としてのカルテ」
医師は患者の話を聞きながら時折カルテ上にメモを取る。医師のその行為は、そのとき患者によって語られていること(に関わること)が書きとめているものであって、書きとめられていることは、診断や治療に関わる重要な情報であるという理解を導く。この理解は、医師と患者の間で共有された前提としてその後の相互行為の組織に利用可能な資源となる。本発表では、カルテに記録されたことを「ここ」や「これ」といった指示表現を用いて指し示すことが、患者によって語られた様々なことを治療に関連付けて再配置したり、患者が語った自身の体験やふるまいについて「無難に」質問したり評価したりする手立てとなっていることを詳細に検討していきたい。
西阪 仰(明治学院大学)
「産期医療における相互行為の一側面: 問題提示とその扱い」
産科医院もしくは助産院において,健診を受ける妊婦が,医療専門家に促されてか,あるいは自らか,「問題」を提示することがある.その問題提示の構成および連鎖上の位置と,その問題に対する医療専門家の応答の構成および連鎖上の位置を考察してみたい.(まだきちんと体系的に考え始めているわけではないが)この間一連のデータを見ているかぎり,次のような印象を持ち始めている.妊婦が問題提示の開始者である場合,
  1. 問題提示は,「極端な定式」を用いる,第三者に言及する,等という特徴的な構成(とくに問題発見の責任の分散を含意する構成)を取り,
  2. 医師もしくは助産師による問題の取り扱いは,何らかの形で遅延され,
  3. さらに,その問題がその後の健診の展開を枠付けることになる,
と.この報告では,このことを確認するとともに,このパターンの持つ相互行為上の意味について考えたい.

お問い合わせ

  • 研究大会に関する問い合わせは,augnish(a)soc.meijigakuin.ac.jp (西阪) まで
  • 入会手続き等,EMCA研に関する問い合わせは,yminami(a)seijo.ac.jp (南) まで
    ※いずれも (a)を@(アットマーク)に置き換えてください.

↑ページ先頭へ

2007年度 春の研究例会



概 要

今年は、午前中に口頭発表、午後には第一線でご活躍の研究者の中から、とくに関西の若手研究者 2名を選び、相互行為研究に関する発表+ディスカッションを催します。ぜひとも多くのみなさんに議論に参加していただければと思う次第です。(企画担当世話人:細馬宏通・鈴木佳奈)

■日時: 2008年4月5日 土曜 9時30分~17時30分
■会場: 京都大学百周年時計台記念館国際交流ホール[ウェブサイトウェブサイト / 地図地図
■参加費: 会員* 1000円/一般 1500円
 * 入会申込については →入会のご案内 をご参照ください。

午前の部(9時30分~12時30分)
午後の部(13時30分~17時30分)

午前の部: 研究発表 (司会:細馬 宏通)

10:00 - 11:15
鶴田幸恵(奈良女子大学)
「性別カテゴリーのオムニレリバンス問題──トランスジェンダーへのインタビューデータの分析から」(仮題)
報告要旨:  性別カテゴリーがオムニレリヴァントか否かという問題は、D. Zimmerman & C. West(1975)への、E. Shegloff(1982)、M. Linch(2001)による批判から始まり、また批判的談話分析と会話分析を手法とする人びとの間で交わされた論争として、有名である。その論争の端緒は、Zimmerman & West の有名な研究である。そこでは、会話のなかに現われる男女間の偏向を見ることで、男女の権力差を示すことが試みられていた(Zimmerman & West 1975)。例えば、「割り込み」の数を数えることによって、男性は女性の話に割り込みやすいという具合である。その際に、会話の参与者が男として、あるいは女として行為していることは、その人が女/男に見えることから、所与とされている。同様の研究が日本においてもなされた(江原・好井・山崎 1984)。
 しかし、参与者が女に「見える」ことと、その人が女「として」振舞っているかどうかは、異なることである。したがって、性別カテゴリー使用の記述は、相互行為における参与者自身の志向性に基づいている必要があり、またそれによって、相互行為の詳細がどのように導かれているかが示されなくてはならないという、これらの研究に対する批判(Schegloff 1987; Lynch 2001)がなされることになった(まとめとして上谷2001; 小宮2002b参照)。
 他方、また別の角度からこの問題が浮上している。会話分析を分析手法とする Schegloff と、批判的談話分析を分析手法としようとする人びとの間で交わされた論争(Schegloff 1997; Wetherell 1998; Schegloff 1998; Billing 1999a; Schegloff 1999a; Billing 1999b; Schegloff 1999b)である。ここで争われているのは、分析者がおこなう記述のなかに、分析者の前提を持ち込まないことの可能性であり、また持ち込むことの是非である(まとめとして小宮2005参照)。
 Billigは、いくら会話分析者が「参与者の志向にもとづく」と言ったとしても、彼らは実際には分析者としての自分の前提を持ち込んでいるのだと主張する。この立場からすれば、どのカテゴリーによって参与者を特徴づけるのかということも、結局のところ、分析者の判断によってなされるほかない、ということになるだろう。とりわけ、参与者によって「女」とか「学生」とかいう、カテゴリーを示す言葉が用いられていなければ、そう言われるに違いない。
 先行研究のこうした流れのなかには、ふたつの考え方が現れている。すなわち一方で、性別は外見から明らかだということを所与にして、分析者はある行為を性別カテゴリーによって説明することが可能であるという考え方であり、他方で、そもそもどのようなカテゴリー化も分析者によるものでしかありえない、という考え方である。鶴田(2006)では、実際の相互行為データにもとづきながら、言葉による明示的なカテゴリー使用が行われていないにもかかわらず、性別カテゴリー化が行われていることが、他ならぬ参与者たち自身によって理解されているということを示すことで、こうした考え方とは異なった道筋を示した。今回の報告は、以上のようなオムニレリヴァンスの一連の論争に対する、また別の仕方によっての回答である。
 具体的には、1997年から行っている、トランスジェンダー・性同一性障害コミュニティでのフィールドワークによって得たインタビューデータを用い、私たちが「焦点の定まらない相互行為」の水準における秩序を生きていることに着目する。それによって、性別が「見てわかる」ということが、単に「わかる」というだけでなく、「わからなくてはならない」という規範性をおびたものであるということに、性別カテゴリーの特異性が現れているということについて述べていく。
11:15 - 12:30
細馬宏通(滋賀県立大学)
「身体動作を含む会話データにおけるデータ セッションの可能性」
報告要旨: 会話分析には「データセッション」と呼ばれる試みがある。データセッションでは、参加者の一人が詳細な会話のトランスクリプトを提供し、それに沿って参加者どうしが一行ずつ読み進めながら、発語連鎖に含まれているさまざまな会話装置について議論する。提供者は、自分が注目している箇所(ターゲットライン)をあらかじめ設定して、そこに向かって読み進めるが、途中でおもしろい現象がみつかれば、その都度時間をかけてもかまわない。
 今回は、この「データセッション」にあたるものを、ジェスチャー研究で行うことを試みる。複数の参加者がお互いの観察眼を活かし、事例に含まれる、ひとつひとつのストロークのもたらす相互作用を、より詳細に広いあげることができるのではないか、という目論見である。
 ジェスチャー分析では、発話とジェスチャーのタイミング、参与者内・参与者間のジェスチャー連鎖が見所となる。データを語りあうためには、身体動作をコーディングするためのシンプルな方法が必要となる。Kendon のジェスチャー単位、ジェスチャー・フェーズの概念が有用となるだろう。  視線や身体動作に注目するため、ひとつの発話に含まれる情報は膨大になる。短いやりとりだけでも、何時間にも及ぶディスカッションが可能だろう。今回は短い時間用に、簡単なデータを用意する。フロアからの積極的な参加を歓迎したい。
12:30 - 13:30
休憩

午後の部: 

13:30 - 15:15
川島 理恵(埼玉大学/JSPS 学振特別研究員)
「産婦人科における医療実践の会話分析的検討─医療と日常の交差する場所─」
報告要旨: 医療現場において、医療者と患者は様々な「交渉」を行う。その交渉の一つの局面は、彼らが医師の医療に関する専門性と患者の生活世界の違いを調整するという点である。ある一方で、医師は、専門とする特殊な領域の中で学び、経験を積んでいく。その一方で、患者は、日常世界の中で、それぞれ日々の経験を形作っている。産婦人科医療では、医師と患者が患者のプライベートな事柄に触れることが多い。そのため、医療と日常世界が重なり合う機会がよく見られる。本研究では、会話分析を使うことで、日本の産婦人科医療の現場において、医師と患者がそれぞれの世界(医療と日常世界)の交差する局面で、どのようにかかわり合っているのかを明らかにする。具体的には、特に産婦人科におけるセルフケアに関する話し合いの展開に注目して分析を進める.
15:30 - 17:15
増田 将伸(甲子園大学)「「どう」系質問‐応答連鎖における相互行為の諸相」
報告要旨: 質問は、コミュニケーションにおいて本質的な意義を持つ発話行為であると言える。その理由として少なくとも、
  1. 質問の形で言語的な反応を要求することで、相手を会話に引き入れられる
  2. 質問者が何を知っていて何を知らないかが質問ターンのデザインに呈示されるので、コミュニケーションの基盤となる会話参与者の知識状態が質問によって顕在化する
  3. 質問によって新しい情報を相手から会話の場に引き出すことができ、会話に新たな展開がもたらされる
という3点が挙げられる。
 本発表では、質問‐応答連鎖を素材としてコミュニケーションを分析するわけであるが、『日本語話し言葉コーパス』の対話例中の「どう」系質問‐応答連鎖について分析を行う。「どう」系質問(どう、どんな、どのような等)は、前段の3点に即して述べると
  1. しばしば会話の冒頭に用いられてコミュニケーションを開始する働きを持つ
  2. 字句上は open questions の最たるものであるので、会話参与者の知識状態が質問ターンのデザインに呈示されるパターンが様々である
  3. それゆえ、会話の展開の中で様々な相互行為が見られる
という点で、コミュニケーションの諸相をかいま見せてくれる興味深い素材である。分析の現状は堅固な結論が得られる域には遠いが、発表ではいくつかのパターンのデータを提示しながら、様々な可能性を検討したい。

お問い合わせ

  • 研究大会に関する問い合わせは、hhosoma[@]shc.usp.ac.jp(細馬)まで
  • 入会手続き等、EMCA研に関する問い合わせは エスノメソドロジー・会話分析研究会 事務局 (EMCA研事務局)まで

↑ページ先頭へ→研究会の活動→入会のご案内