■EMCA研ホーム > 研究会の活動 > 活動の記録

エスノメソドロジー・会話分析研究会:2006度の活動


2006年度研究例会



→短信:簡単な報告と写真を掲載しました [2007/05/06]

概 要

開催日時: 2007年3月17日土曜日 9時30分~17時30分
会  場: 明治学院大学白金校地 本館4階1402教室[地図

プログラム1(午前の部): 研究報告会 (9時30分~12時30分)
プログラム2(午後の部): EMCA教授法懇談会 (13時30分~17時30分)

参加費 : 会員 500円、非会員 1,000円(仮)
 ※事前申し込みは不要です。
 ※当日、申し出により仮会員登録をすることも可能です。(その場合は会員の参加費が適用されます。)
  問合先 : augnish(a)soc.meijigakuin.ac.jp(西阪)

プログラム1(午前の部): 研究報告会 (9時30分~11時00分)

9:30~11:00 研究報告1
岡田みさを(北星学園大学)
報告タイトル:「いわゆる「男性専用」動詞命令形は「男性性」を表しているか?」
報告要旨
 本研究では、ボクシング指導時に女性トレーナーによって使用される、従来「男性専用」指示表現とされてきた動詞命令形(例:「打て」)に焦点をあて、1)どのような談話文脈でこれらが選択されるのか、2)その談話における相互行為の中で、動詞命令形を含む発話が、周囲の発話、非言語行動やものの使用と組み合わされてどのような行動や話者のアイデンティティーを表しているのかを分析する。分析の手法として、CAの会話シークエンス分析、及び同時に起こる言語/非言語などのリソースの並列がどのように或る「行動」の創出に寄与しているかを分析したC. Goodwin (2003)の手法を用いる。
 分析を通じ,従来の日本語社会言語学において「男性性」と結びつけられてきた言語形式の選択及びその言語形式を含む発話が、実際にはその場その場のリソースと組み合わさってその状況に依存した意味(例えばその場のボクシングの動きに必要とされる「動作の迅速性」など)を表していることを示す。参加者たち自身がその場で表している行動や志向を見ようとするCA的な微視的談話分析が、日本語の「言語とジェンダー」研究にどのような貢献ができるのかを考察する。
11:00~12:30 研究報告2
田中剛太(明治学院大学大学院)
報告タイトル:「相手が言おうとしていることを先取りして言うこと」
報告要旨
 本報告の出発点となるのは、日常会話の中で起きていると思われる次のような現象である。話し手が「複合的な順番構成単位(compound TCU)」を産出している途中で、聞き手がその最終部分を予測し、話し手に代わってその最終部分を発話することがある。いわゆるTCUの共同構築(共同完了)であるが、このうち、最終部分の話し手が、それまでの部分を聞いた時点で、「そこから先は聞くに値するさらなる積極的な内容は来ない」と言っているような印象を与えるものがある。個別にシークエンシャルな環境を検討することによって、そのような「予測に基づいた完了(anticipatory completion)」が、「なぜ」「この位置で」為されたのか、なぜそこで順番が代わったのかを記述することを試みる。

プログラム2(午後の部): EMCA教授法懇談会 (13時30分~17時30分)

13:30~14:30 話題提供1
鈴木 佳奈(情報通信研究機構)
テーマ:教養科目としての会話分析入門──半期の授業でなにをどう教えるか

1回生向け半期12~13回の授業で会話分析を教える際の諸問題を考える

  1. なにを教えるか
    • CAの概念(「ターンテイキング」,「連鎖構造」,「修復」など)を浅く広く教えるか,特定のテーマに特化するか(資料1:シラバス例)
    • 文字化記号および文字化の仕方を教えるか
    • エスノ的背景にも触れるか
    • 参考文献をどう扱うか
  2. どう教えるか
    • 会話の客観的な観察についての学生の理解をどう養うか
    • 理論や概念を中心にするか,具体例の分析を中心にするか
    • (資料2:ハンドアウト例)
    • 練習問題を組み込むなどして,学生に分析を行わせるか
    • リーディングを課すか
    • 試験にするかレポートにするか(資料3:試験例)
14:30~15:30 話題提供2
西阪 仰(明治学院大学)
テーマ:相互行為分析の演習2ヵ年分の組み立てについて
  1. 演習1については、シェグロフの授業のまねなので概要を2分ぐらいで説明(資料(1)): 概念の説明、トランスクリプトとCDを配布し練習を行なってもらう、など。
  2. 演習2の組み立ての説明(5分ぐらい)
    • 春学期は構築されたデータセッション(資料(2)): テーマを決めて一つの断片を見るやり方と、一つのテーマについてコレクションを見るやり方
    • 春学期: データ収集
    • 夏合宿: 現象のコレクション
    • 秋学期: 学生による分析の発表
  3. 問題点の説明(3分ぐらい)
     おもに個々の分析をどのように一つの論文としてまとめるか。そのための「指導」はどのように可能か。たとえば、分類させる。そのときの分類の軸:誰が開始者か、シークエンス上の位置、発話形式、セグメントの開始と完結など
15:30~15:45 休 憩
15:45~16:30 話題提供3
細田由利(神奈川大学)・高木智世(筑波大学)・鈴木佳奈(情報通信研究機構)
テーマ:学部レベル通年コースでの使用を想定した会話分析入門テキストは、どのようなものが望ましいか
  1. テキスト全体の構成:何を含めて何を外すか。どこまで正(精)確さを求めるか。
    • 章立て(内容と順番)―例)CAの背景、トランスクリプトについて、データ例、ターンテイキング、連鎖、修復、物語、カテゴリー、CAの応用
    • CA成立の背景、CAの視点・基本的姿勢をどの程度解説するか
  2. 章の構成
    • 具体例を先に出すか、概念の解説を先にするか
    • 「練習問題」を付けるか、「解答」を付けるか
  3. 重要概念の扱い
    • とくに、ターンテイキングシステム、TCUをどう解説するか
  4. 訳し方の問題
    • organization, turn, preference, orient, project, relevance など
16:30~17:30 話題提供4
樫田美雄(徳島大学)
テーマ:対象の選定法、ゲスト講師招聘ノウハウ、報告書原稿締め切り維持ノウハウ

「エスノメソドロジー会話分析における教授法」という観点よりも、むしろ、「質的調査の実習授業運営ノウハウ」という観点から、これまでの実践報告を行う。

  1. 対象の選定法:なるべく地元のネタを探して提供する。その方が、学生の研究意欲を高めやすく、周囲の援助も得やすい。これまでの実績を列挙すると、「ラジオスタジオ……教員自身が出演している地元のラジオ局」、「社協事務所……他の共同研究でお付き合いのあった県内の社会福祉協議会の事務所」「義肢・装具の製作所……地場産業として存在していた製作所」「鍼灸……これは実施中なので匿名保持のため詳細は秘密だが、大きくいって地元ネタ」
  2. ゲスト講師招聘ノウハウ:テキストの読解と調査およびその第1次分析をなるべく前倒しする学生の動機付けのために、外部招聘講師を活用する。その日程につねに言及しつつ、日程の遅延を防止する。外部講師の執筆論文を前もって読ませることで授業参加意欲を高めることもできる。
  3. 報告書原稿締め切り維持ノウハウ:報告書は、印刷屋に出さない。自力で印刷製本させると、原稿遅れは、他の学生に対したいへんなめいわくになるので、自然と遅延はなくなる(あるいは、遅延学生への手伝いが自然と起きる)。ただし、これはグループをつくって活動をさせていたから可能であった方式のようであり、本年のように、個人単独執筆原稿方式では、効果が限定的なようである。

2006年度研究大会



概 要

日時:2006年10月30日(月)(受付開始9:10)
会場:龍谷大学深草校舎5号館502教室
[案内図](京都市伏見区深草塚本町67)

特別講演 ……9:35~11:50
林礼子(甲南女子大学)「記号がジェンダーの意味を持つ瞬間を捉える ──批判談話分析のためのエスノメソドロジー」

コメンテーター:片田孫 朝日(京都大学)・串田 秀也(大阪教育大学)

報告要旨  批判談話分析は、記号(言語を含む)の意味とその使用の分析を通して、社会学や政治学あるいは文化研究が指摘する諸問題に取り組む。それは、記号が社会の現象と最も根源的に関わる要素であり、社会の成員は記号を知識資源にして社会の制度を構築すると考えるからである。
 本発表では、メタファー表現 (figurative talk) と社会的要素であるジェンダーを対象に、社会記号論の流れを汲む批判談話分析を試み、記号の概念的な意味はいかにして現実の社会行為となっていくか、つまり、記号の持つ「原初的」意味はいかにして社会的意味を持つのかという問いについて考える。そして、記号への意味付けの行為における社会的バイアスについて論じる。
 具体的には、テレビの教養番組において専門家と司会者が共構築するメタファー表現のなかに出現するシロ色に注目し、(1)と(2)を示す。そして、社会記号論的批判談話研究のアプローチの方法と、エスノメソドロジーの視点から概念や理論を導く可能性と必要性について言及する。
  1. 記号の一つである「シロ」色の意味が会話のなかでジェンダーと結びつけられると、その意味は、フロアのシステムの制約のもとで、ジェンダーバイアスを持つディスコースとしての「白」色の意味になり、会話運営のコンテクストになる。
  2. 記号の意味がディスコースの意味を持つ瞬間は、やり取りの特定の場においてであり、その意味が現実の行為となるのは、会話者がその場での意味解釈に必要な状況を生みだす時である。
エスノメソドロジー・会話分析研究会総会……12:30~13:10

※ 恐縮ですが、会員の方のみ審議にご参加下さい。

公募報告(1)……13:10~14:25
戸江 哲理(京都大学)「トラブルを分かち合う──トラブルの共成員性の会話分析──」
報告要旨:
私達はふだん、自分のことは自分にしか分からないし、他人のことはやはり本人にしか分からないと感じたりはしないだろうか。だが他方で、私達は現に、他の人と自分の悩みごとやトラブルを分かち合うということが出来てしまっている。考えてみれば、これは不思議なことではないだろうか。本報告では、このテーマに、そのような行為そのもの、つまり会話を分析することによって、その内実に迫りたい。
 ここでは、この作業を、まず(1)トラブルの共成員性(co-membership)の達成(=分かち合い)の手続き、つぎに変則事例分析として(2)いったん可視化された共成員性が疑問に付される場合の分析、最後に、そこから浮かび上がる(3)「トラブルの」共成員性固有の特質の解明の3点に絞って簡潔に説明したい。
  1. トラブルの共成員性が参与者たちに相互可視化する手続きとして、既に指摘されている、I 最初のトラブル語りを第1の物語とする、第2の物語による立証に加え、II 参与者どうしが、自分のトラブルの対象を述べ合うことで、じょじょにその範囲を狭めていく、経験の「格上げ」(upgrade)、II 相手のトラブル語りの続きを別の参与者が完成させる「引き取り」、それに、IV 参与者たちがトラブルの対象者たちを同一のカテゴリーに括る不平連鎖(complaint sequence)の利用などが、データから確認された。
  2. だが当然ながら、いちどお互いのトラブルが分かち合われたからといって、そのままそれが維持され続けるとは限らない。たとえば、一方の参与者が他方にたいしてトラブルに陥ったことについて非難を行うときには、共成員性は中断される。それは、非難とは対照的な助言の場合も同様であって、つまり参与者たちを分断するカテゴリーがやりとりのなかで顕在化するとき、トラブルの分かち合いは「棚上げ」された状態になる。興味深いのは、データではこれら助言なり非難なりという行為が、ごく部分的なものに留まり、すぐにもとの分かち合いが回復されていることだ。トラブルの表明→助言→その受容→沈黙/前置き→トラブルの再表明という手続きを踏むことで、助言が「受け流され」たりするのはこのようなときだ。つまり、トラブルの共成員性は、非難や助言のようなそれ以外の行為の基底をなしているように思われるのである。
  3. かくして明らかにされたトラブルの共成員性においては、非難や助言といったトラブルの語り手の道徳性に接触する類の行為を斥けて、トラブルを抱えた自己の道徳性を相互に不問に付すのである。畢竟、自己の弱みを他者にさらす一種の「賭け」ともいえるトラブル語りにおいて、その共成員性の相互可視化は、自分と相手のトラブルを分かち合うという困難な作業を達成しているのである。(当日の発表内容はこの要旨とは若干異なる可能性があります)
公募報告(2)……14:40~15:55
平本 毅(立命館大学)「EMCAはいかにCMC(コンピュータを媒介したコミュニケーション)を研究対象にしうるか」
報告要旨:
 電話会話等の他のメディア媒介的なコミュニケーションと比べて、CMCを対象としたEMCAは未発達な領域である。電子掲示板やチャットなどで交わされる「会話」のテクストを分析する試みは散見されるが、それらは体系的なものではない。しかし、われわれの日常生活におけるCMCの重要性は益々高まっており、けっして他のメディア媒介的なコミュニケーションに劣るものではない。本発表では、従来の会話のテクスト分析にそのテクストの産出過程の録画データの HCI(人とコンピュータとの相互行為)分析を含める新たな方法論を提案することを通じて、EMCAによるCMC研究の可能性を探る。社会学、(社会)心理学や認知科学、(社会)言語学、(社会)情報学などの分野で行われてきた従来のCMC研究は、電子空間に「共在」する人びとの心理や、電子メディアを通じて「話される」言語の形態を解明しようとしてきた。しかし、人びとは本当にある空間に「共在」し、そこで言葉を「話し」ているのだろうか。経験的に明らかなように、彼らがそう行為していると感じている間に実際に従事しているのは、コンピュータの操作(HCI)という別種の行為である。このことから、一つのEMCA的な問いが導き出される。すなわち、「いかにして人びとは、HCIを通じて電子空間に『共在』し、電子メディアを通じて『話す』感覚を社会的に達成していっているのだろうか」。この問いに答えるために、状況論や社会的分散認知論、アクターネットワーク論などの近接諸理論も援用しながら、チャット会話の録画データを用いた事例分析が行われる。分析結果から明らかになるように、HCIはそれ自体として社会的な相互行為であり、ユーザはコンピュータとの社会的相互行為を通じて他者との会話(CMC)を達成していっている。EMCAのアプローチを用いたこの過程の分析がCMC研究にもたらすであろう可能性について述べてゆきたい。

コーディネーター(2006年研究大会担当世話人):

樫田 美雄(徳島大学)、秋葉 昌樹(龍谷大学)、五十嵐 素子(光陵女子短期大学)

特別講演企画顧問:

串田 秀也(大阪教育大学)

→研究会の活動→入会のご案内