■EMCA研ホーム > 研究会の活動 > 活動の記録

エスノメソドロジー・会話分析研究会:2005度の活動

2005年度研究大会



概 要

今年8月にBostonで開かれた IIEMCA (International Institute for Ethnomethodology and Conversation Analysis)において発表されたお二人をお迎えして、教室と法律相談というそれぞれの場面におけるやりとりの分析を通して、それぞれの制度的特徴をとらえていくことについて考察を提示していただきます。さらに、昨年英国マンチェスターに研究のため滞在された会員のお二方に、現地でのご研究生活についてお話いただきます。
  • 日時:2005年10月24日(月)9:30-15:00
  • 会場:立教大学 12号館地下会議室

プログラム

9:30-11:30 制度場面のシークエンス分析
9:30-10:25タイトル:連鎖分析と「教育」・「人間形成」研究:「失敗するクレイムはどのようになされたか」を手がかりに 南 保輔氏(成城大学)

コメンテータ:秋葉 昌樹氏(龍谷大学)

〔概要〕社会学・社会科学の主要関心のひとつとして、教育・社会化・人間発達・人間形成がある。「いまここ」にこだわるEMCA研究と、空間的にも時間的にも幅広い帰結・効果を問題とする「教育」とはどのような関係にあるのだろうか。小学校の終わりの会の連鎖分析を提示するとともに、この点を考えていく方向性を検討してみたい。
10:35-11:25「法律相談の開始シークエンス」 樫村 志郎氏(神戸大学)

コメンテータ:岡田 光弘氏(国際基督教大学)

概要:本報告では、弁護士会が運営する2つの法律相談センターにおける、法律相談の会話の開始シークエンスを分析する。データは、2つのセンターで行われた法律相談の録音11件である。相談は、相談者が法律問題を助言者に語る前半部分と、助言者が助言を相談者に語る後半部分に、おおまかに分けることができる。これらの相談の会話構造は、それぞれの相談部分の開始部門(およびそれに先行する会話部門)において、会話者により構築される相互に了解された発話順番構造により、現実化されなければならないはずである。本報告で注目するのは、相談の開始が、(1)相談者が問題の語りを自発的に始める、(2)助言者が一般的に問題の語りを始めるよう促す、(3)助言者が問題のカテゴリーを示して問題の語りを初めるよう促す、という3つのパターンをもつことである。これらの発話交換とその達成が、法律相談という制度的課題の相互行為的達成にどのように結びつけられているかを分析する。また、本件データは、1994年に人口70万人ほどの地方中都市(弁護士数150以上)で収集されたものと、2000年ごろに人口4万人ほどの小都市(弁護士数2)で収集されたものとからなる。制度的、時代的背景の違いと会話構造の関連について、若干の推測も行う。
11:30-12:30 新旧世話人会
12:30-13:00 総会
13:30-15:00 欧州帰朝報告
13:30-14:15 「ゴフマンとシェットランド諸島」 水川 喜文氏(北星学園大学)
〔概要〕イギリス海外研修中、ゴフマンの博士論文で知られるシェットランド諸島に訪問する機会があった。ゴフマンがフィールドワークを行ったホテル(現在のBaltasound Hotel)、長期滞在したコテージ、ホテルの元メイドなどを中心にシェットランド諸島の写真を紹介する。このほか、ヨーロッパの関連学会・研究会について参加した感想も添えながら紹介したい。
14:15-15:00 体験的「エスノメソドロジーへの招待」 是永 論氏(立教大学) 
〔概要〕渡英中、著者であるデイブ・フランシス氏自身から『エスノメソドロジーへの招待』を紹介されたこともあり、今回は自らがEMにどのように「入って」いったかという来歴もふまえつつ、EMへの導入教育のあり方について考えているところを、自らの研究との関わりも含めて述べてみたい。

担当世話人:

椎野信雄(文教大学)・池谷のぞみ(Palo Alto Research Center)

2005年度研究例会



概 要

  • 日時:日程:2006年3月6日(月)(13:00~17:30)・7日(火)(9:00~12:30)
  • 会場:龍谷大学深草校舎5号館502教室

企画の紹介(敬称略)

◎初日:3月6日(月) 午後(12:30から受付開始、13:00~17:30)
リサーチ・メソッドワークショップ
『アーバン・エスノグラフィー:在日ブラジル人児童の事例研究から』 森田京子 Kyoko Morita, Ph.D.
○プレゼンターのプロフィール:
ペンシルベニア大学大学院修了教育人類学博士
University of Pennsylvania, Graduate School of Education, PhiladelphiaPA, USA Ph.D. in Educational Anthropology, 2002 修士課程で社会言語学、異文化コミュニケーション等を学んだ後、博士課程でフレデリック・エリクソン博士の指導の下、アーバン・エスノグラフィーの訓練と論文指導を受ける。専門は教育人類学と社会人類学で、主に日本社会のエスニック・マイノリティーを研究している。特に、定住マイノリティーのエスニシティー、アイデンティティー、文化適応プロセスに関心がある。現在、単著のエスノグラフィー(2006年前半,新曜社より刊行予定)を執筆中。2006年4月から、青山学院大学大学院(「エスノグラフィック・メソッド入門」)等で非常勤講師を務める。
趣旨と内容:
前半は、森田京子氏によるエスノグラフィー・ワークショップとして、エスノグラフィーとは何か、どのようにフィールドワークをするのか、入手した情報をどう扱ったらよいのかの三点を中心に、アーバン・エスノグラフィー(都市民族誌学)を概略的に説明する。具体的には、エスノグラフィーの特長と制約、調査・分析での留意点、現代のエスノグラフィーに特徴的なマイクロ分析とマクロ的視点との融合までを解説する。方法論の概念にとどまらず、長野県の公立小学校でフィールドワークをした経験に基づき、具体的な事例を盛り込んで実践的な解説に努める。また、このような調査研究アプローチによって何が見えてきたかを、在日ブラジル人児童の事例研究から発表する予定である。
 後半は、コーディネーター担当世話人の五十嵐がコメンテーターとして「研究計画の立て方」から「現場へのフィードバック」まで、エスノメソドロジーの立場から論点を提出して、フロアをも交えた形で議論をする予定。
◎2日日:3月7日(火) 午前(8:30から受付開始、9:00~12:30)
テーマ:エスノメソドロジーの応用可能性の検討──工学の場合、教育学の場合──
  • 工学の場合・報告者:山崎敬一(埼玉大学)、葛岡英明(筑波大学)
     コメンテーター:垂水浩幸(愛媛大学)
  • 教育学の場合・報告者(秋葉 昌樹チーム・龍谷大学)
     コメンテーター:松本 健義(上越教育大学)
◎趣旨と内容:
 前半は工学系の応用可能性を検討する。山崎敬一(埼玉大学)&葛岡英明(筑波大学)のお二人からのプレゼンテーションをうけて、垂水浩幸(香川大学)からのコメントを元に議論を行うこととしている。
 後半は教育学系の応用可能性を検討する。秋葉昌樹氏チーム(龍谷大学教員および学生)による演劇的教育学研究の実践報告をうけて、松本健義(上越教育大学)からのコメントを元に議論を行う。
 最後に総括的議論を行う。エスノメソドロジーの可能性を拡げる研究会にしていきたい。

○コーディネーター(研究例会担当世話人):

樫田美雄(徳島大学)・秋葉昌樹(龍谷大学)・五十嵐素子(光陵女子短期大学)

→研究会の活動→入会のご案内