■EMCA研ホーム > 研究会の活動 > 活動の記録

エスノメソドロジー・会話分析研究会:2003度の活動

2003年度研究大会



概 要

エスノメソドロジーと成員カテゴリーの問題──性別カテゴリーを中心に──

成員カテゴリーの問題は、エスノメソドロジーの主要な主題であるとともに、エスノメソドロジーと現代社会学を架橋する重要な問題である。このシンポジウムでは、特に性別カテゴリーの問題を中心に、エスノメソドロジーの視点から成員カテゴリーの問題について発表を行う。さらに、成員カテゴリーという、エスノメソドロジーと現代社会学の共通の課題について、性別カテゴリーを中心に、発表者、討論者、出席者を交えて検討したい。発表者としては、成員カテゴリーについて最近重要な研究をだされている皆川満寿美*、麦倉泰子* *、小宮友根*の三氏を迎える。また討論者は、『ジェンダー秩序』の江原由美子氏と、『美貌の陥穽:セクシュアリティーのエスノメソドロジー』の山崎敬一氏にお願いした。
  • 開催日: 2003年11月9日(日曜日)
  • 開催場所: 東洋大学白山キャンパス 5B12教室(5号館地下1階)(正門から入って正面の建物)
    白山駅(都営三田線)ならびに本駒込駅(南北線)から徒歩5分 [→東洋大学白山キャンパスへの地図 と キャンパス情報
  • 参加費: EMCA会員・学部生・大学院生 500円/左記以外の方1000円(その場での入会も受け付けます。◎年会費 1500円/学生・大学院生1000円)

プログラム

司会 池谷 のぞみ(東洋大学)・椎野 信雄 (文教大学)

13:05-13:45
「インタビュー調査の場面における成員カテゴリーの問題について:知的障害のある男性への聞きとりを事例に」  麦倉 泰子(早稲田大学大学院生)
13:45-14:25
「適切性と不当性」  小宮 友根(東京都立大学大学院生)
14:30-15:10
「性をみてとるとき」(仮題)  皆川 満寿美(武蔵大学ほか非常勤講師)
15:20-16:30
討論  ──発表者と討論者そして参加者を交えて──

討論者 江原 由美子(東京都立大学)・山崎 敬一(埼玉大学)


※EMCA研究会の会員の方へ:当日は、総会(12:00-12:45)がありますので、是非ご参加ください。

2003年度研究例会



概要

Dr. Douglas W. Maynard 講演会
「エスノメソドロジー、会話分析、そして社会学的未来―自閉症からの教訓」

(通訳つき、タイトルは変更になっています)

  • 日時: 2004年2月29日(日) 午後1時開場、午後1時半開演(16時終了予定)
  • 場所: 東洋大学白山キャンパス 5B12教室(5号館地下1階)
    (正門から入って正面の建物:都民生協、三徳の前を順に通り過ぎた先が正門)
    白山駅(都営三田線)ならびに本駒込駅(南北線)から徒歩5分
  • 参加費:EMCA会員は無料。 非会員は1,000円。

参考文献
D. Maynard (2003) Bad News, Good News. University of Chicago Press.
樫田美雄・岡田光弘訳『医療場面の会話分析──悪いニュースをどう伝えるか──』勁草書房、2,900円+税(2004年2月25日刊行予定、抄訳)

→研究会の活動→入会のご案内