■EMCA研ホーム > エスノメソドロジー・会話分析研究会とは > 会員主催の研究会開催支援のお知らせ

会員主催の研究会開催支援のお知らせ

更新:2016年08月01日

EMCA研究会では、EMCA研究の発展をはかることを目的に、以下の基本方針のもと、年に2回、会員主催の研究会開催企画を公募し、採択したものに、開催に関わる経費(講師招聘のための旅費、謝金など)に対して、支援金の給付を行っています。
公募は、MLを通じて行なっています。支援対象は会員主催の研究会に限定しておりますが、まだ会員でない方が申し込み日までに、会員資格を得て応募することも可能です。
なお、この件に関するお問い合わせについては、 までお願いします。

研究会開催支援に関する基本方針

(「EMCA研究会開催支援に関するガイドライン」より一部修正抜粋)
 エスノメソドロジー・会話分析研究会では、エスノメソドロジー・会話分析研究の発展をはかることを目的に、会員主催の研究会開催企画を公募し、採択したものに、支援金の給付を行う。
 この「研究会開催支援」への申し込みは、件数として年に上限2件、給付額は各5万円までとする。各応募者は、事務局宛に電子メールで申し込みをすること。
 申請期間は当該年度の4月1日から3月末日までとする。世話人会は、申請があれば10日以内に審査を行い、採択結果を電子メールで申請者に通知するとともに、遅滞なくニューズレターあるいは、研究会HP等で公開する。
 なお、申請が採択された場合、研究会広報等の際に後援団体欄に「エスノメソドロジー・会話分析研究会」を記載することを申請条件とする。また、採択された申請者は、開催された研究会に関する主催者の報告を、当該研究会終了日より1ヶ月以内に事務局に送付することとする。

開催支援した研究会

→研究会の活動→入会のご案内