■EMCA研ホーム > エスノメソドロジー・会話分析研究会とは > 研究会主催のセミナー > ELAN入門:EMCA研究に向けて

EMCA初心者セミナー
「ELAN入門:EMCA研究に向けて」(1回完結)

告知開始:2013年09月17日

セミナー情報

このセミナーの申込は締め切りました。

セミナー番号:AN131006

  • 担当講師: 城 綾実(国立情報学研究所)
  • 日時: 2013年10月06日(日)14:00〜19:00 (5時間)
    ※ただし進行によって早く終わることがあります。
  • 最小催行人数: 3人
  • 定員: 15人
    ※ただし事情によって15人を上回っても参加を認めることがあります。
  • 実施場所: 成城大学(成城学園駅より徒歩10分)
  • 参加費: 一般6500円/会員3500円(会場費・資料代含む)
  • 申込みページ: こくちーず

講師紹介

城 綾実(じょう あやみ)

略歴
滋賀県立大学大学院人間文化学研究科生活文化学専攻博士後期課程修了.
2013年博士号取得(学術).
現在,国立情報学研究所コンテンツ科学研究系特任研究員.
業績
・城綾実・細馬宏通, 2009,「多人数会話における自発的ジェスチャーの同期」,『認知科学』,Vol16(1),pp.103-119.
•A. Joh. 2013. "Management of Intersubjectivity and Progressivity through Simultaneous Gestural Matching" In Y. Motomura, A. Butler, and D. Bekki (Eds.): JSAI-isAI 2012, LNAI 7856, pp. 242-256, Springer-Verlag.

セミナー概要

 テクノロジーの発展に伴い,人々のやりとりを分析する上で,映像を記録するツールはもちろんのこと,映像の分析や編集を支援するツールも数多く開発されています.とくに,マックスプランク研究所によって開発されたフリーソフトウェアELANは,複数の注釈を任意に作成すること・注釈を複数のファイルに変換することが可能なため,さまざまなやりかたで映像を分析するのにも,映像を用いたプレゼンテーションをおこなうのにも有用です.
今回のセミナーでは、エスノメソドロジー・会話分析に基づいた音声や身体動作の分析を学ぼうとする人,すでにおこなっている人を対象に,ELANをはじめて分析に用いる際に必要な操作を獲得すること,映像データに注釈を付与することにより何らかの気づきを得ることの2点を目指します.

注意事項

以下の2点を守っていただくことを参加条件とします.
  1. ELAN(ver. 4.6.1)の動作確認がとれたPC(WinおよびMac可*.Linux(Ubuntu)は不可),イヤフォンかヘッドフォンを当日に持参すること.
  2. エスノメソドロジー,または会話分析の基本的な考え方を習得していること.
※ELANを使うには、メモリが256Mb以上(できれば512Mb以上)、CPU(プロセッサ)が1.5Ghz.以上のパソコンが推奨されています。また、WIndowsではXP以上、MacではOS10.4以上のパソコンが推奨されています。

申込に必要な情報

申込の際に,以下の3点をお知らせください.
  1. 当日持参するマシンのOS
  2. 研究内容について(どのような現象に関心があるか,どのようなデータを扱っているか,(データ分析の経験がある場合)どのような点に困難を感じているかなど)
  3. .ELANに関する質問(任意)

動作確認の手順について

動作確認方法は次の通りです.
  1. http://tla.mpi.nl/tools/tla-tools/elan/download/ からELANをダウンロードしてください.
  2. 申込を受け付けた旨をご連絡する際に,動作確認に必要なファイルおよび動作確認方法をお知らせしますので,手順にそってご確認ください.
  3. 動作確認の結果をメールでご連絡ください.

→研究会の活動→入会のご案内